刺繍のオンライン教室・通信講座 - miroom

刺繍のオンライン教室・通信講座

72件

刺繍は、刺繍糸と刺繍針を使用して装飾を施す技術のことです。図案を布に描いてからその上をなぞるように刺していきます。WEB上には無料でダウンロードできる図案が多数あるため、気に入ったデザインの図案が手に入ります。日本ではフランス刺繍を見かけることが多いですが、それ以外にも日本刺繍や中国刺繍、ハンガリー刺繍やスウェーデン刺繍など世界各地に様々な刺繍があり、刺し方・縫い方も異なっています。刺繍糸を使った刺繍だけでなく立体感が出しやすいのが特徴なリボン刺繍や、きらきらして仕上がりが綺麗に見えるビーズ刺繍などもあります。スキマ時間や家でできる趣味として、編み物や刺しゅうといった手芸は昔から現在も変わらず根強い人気があります。刺繍の良い点は、紙やキャンバスに描く絵と違って普段使う小物や洋服、バッグやポーチなどの身近なものに縫い付けられて実用的なことです。学校や会社のお昼休み、病院の待合室での待ち時間など、ちょっとした隙間時間にできる手軽さも魅力です。

刺繍のオンライン教室・通信講座一覧

刺繍の先生一覧

刺繍が学べるオンライン教室・通信講座を開講中です。キット付きなので初心者にもおすすめ。初心者でも安心して参加できるオンラインレッスンを多数開講中です。刺しゅう教室・講座を探すなら「ミルーム(miroom)」

教室・講座の評判

  • ユーザーアイコン

    毎日のライブでアドバイスをたくさん貰えるので出来ました

  • ユーザーアイコン

    初めてのパンチニードル、わかりやすく1日で完成しました。一指し一指しゆっくりではありますが、楽しく完成まで進めれて満足しています。

  • ユーザーアイコン

    今回も、わかりやすくて、良かったです。先生の指の動きもカッコイイので、こんな風に出来るようになりたいと、前向きな気持ちで取り組めました。

  • ユーザーアイコン

    刺繍初挑戦になりますが、詳しく解説していただいて大変わかりやすかったです!!さっそく復習しつつ応用練習の図案を刺してみます♪

教室・講座の口コミ・作品

もっと見る
上野理恵先生

マリモ様 マイレポ投稿ありがとうございます❣️ ステキに仕上がりましたね😍 チェコビーズでのアレンジも素晴らしいです🤗 またアレンジ作品もあればぜひ投稿お待ちしています💕

orso ricamato先生

うたさん 完成おめでとうございます🎊👏 早速再挑戦してくださりありがとうございました! あの説明で大丈夫だったかな…と心配しておりましたが、完成したこぐまのグラデーション、グッと良くなっていて私も感動しました✨ 色同士の境目が自然に溶け込んでいて素晴らしいです! グラデーション刺繍は慣れるまでなかなか難しい縫い方だと思いますが、説明をしっかり取り入れて、丁寧に取り組んでいただけた事が本当に嬉しいです☺️ これからもぜひグラデーションを楽しんでいただけましたら幸いです。 ご受講とマイレポ、ありがとうございました🙏💓

bitte先生

じゅんさま トレースの完了、大変お疲れ様でした! いよいよ刺し始めですね。どうぞよろしくお願いします。

bitte先生

monchouchouさま 寄り道大歓迎です。ワンポイント刺しゅうされたお孫ちゃんのかわいいエプロン姿が目に浮かぶようです。心のこもったおばあちゃまからのプレゼントのお手伝いができて光栄です。

いちきゆきこ先生

加代子さま、マイレポの投稿を覚えていてくださってありがとうございました💓💓 とても綺麗に細かい針目までしっかり刺してくださっていて美しいマットができましたね💕 小さめでコースターなど作るのもオススメなのでサイズ違いも楽しんで頂けたら嬉しいです!

いちきゆきこ先生

midoriさま、ご受講ありがとうございました😊✨ 下準備が楽にできるようになると刺し子も楽しくなりますます上達しますね💓 ミニハンカチもとても凛々しいできあがりで私も誇らしいです🥹🙏🏻✨おつかれさまでした😊

関連記事

もっと見る
【クロスステッチ】刺し始めはどこから?刺繍の進め方&糸始末も解説のアイキャッチ

【クロスステッチ】刺し始めはどこから?刺繍の進め方&糸始末も解説

刺しゅう初心者さんにおすすめのクロスステッチ。とはいえ「刺し始めはどこ?」「刺し終わりに玉結びは必要?」「進め方が全然分からない…」とお悩みの方も多いのでは?そこで今回は、刺し始め・針の進め方・刺し終わりまで工程に沿って詳しく解説。最初に糸始末をする「ループメソッド」もぜひ覚えておきましょう♪

刺繡の道具は少なくてOK!すぐに始められる基本の道具をご紹介♪のアイキャッチ

刺繡の道具は少なくてOK!すぐに始められる基本の道具をご紹介♪

色とりどりの糸で描き出される、繊細で美しい刺繡の世界。刺繡を始めるためには専門的な道具が必要だと思っていませんか?でも刺繡は、針と糸と布さえあればすぐに始められます。「何を揃えたらいいのか分からない」という初心者さん向けに、揃えておきたい道具をご紹介します。

【刺繍の基本】お花を綺麗に作るには?初心者さん向け図案と刺し方のアイキャッチ

【刺繍の基本】お花を綺麗に作るには?初心者さん向け図案と刺し方

この記事では、刺繍初心者の方向けに「基本的なお花の刺し方」をご紹介。図案なしで完成する簡単なデザイン&手法を3つ集めました。針と糸と布さえあれば手軽に楽しめる刺繍は、一度ハマるとつい夢中になってしまうはず♪基本ステッチさえマスターすればあとは簡単なので、ぜひ新しい趣味として始めてみませんか?

【刺繍の基本】糸は何本どりがベスト?刺繍糸の取り方・選び方を解説のアイキャッチ

【刺繍の基本】糸は何本どりがベスト?刺繍糸の取り方・選び方を解説

手芸初心者さんの場合「刺しゅう糸は何本どりが最適なの?」と悩む方も多いのでは?この記事では、刺繍糸の取り方と選び方について詳しく解説。「何番の糸を選べばいいの?」「糸を正しく取る方法は?」など刺繍の基本とコツを分かりやすくまとめました。さっそくお手元に針と糸を用意して、一緒に始めましょう♪

教室・講座の費用

月額2,480円から。他の教室と比較して安い費用となっています。ご契約期間によって月額費用の割引がございます。

教室・講座の費用

刺繍について

刺繍のおすすめポイント

刺繍とは、布や革の上に刺繍糸と刺繍針を使用して装飾を施す技術のことです。刺繍には大まかに分けて、人の手で行う手刺繍と、ミシンなどの機械を使用する機械刺繍、剣山状の針を使って布に糸を埋め込むパンチニードルがあります。手刺繍の中でも縫い針ではなくかぎ針を使うリュネビル刺繍や、リバースアップリケの手法を用いて、布を重ねて表現するモラ刺繍などもあります。リュネビル刺繍は後にオートクチュール刺繍とも呼ばれるようになり、あらかじめ糸が通されたビーズやスパンコールを使うことで早く美しく指すことができるのが特徴です。刺繍の歴史は古く、世界各地で刺繍の源流とされるものが青銅器時代(紀元前3,000年)から始まっていたとも言われています。たいていの場合は、図案を布に描いてからその上をなぞるように刺していきます。刺繍の図案の中でもお花やキャラクター、名前などの文字のイラストが人気です。刺繍は繊細で難しいイメージを持たれがちですが、基本的なステッチを組み合わせるだけでも簡単に様々な作品を作ることができます。ステッチの種類は、クロスステッチやチェーンステッチ、ビーズステッチやサテンステッチなどがあります。小物(ブローチやワッペンなど)を作りたいときや、既製服(ワンピース、ブラウスなど)に自分なりのワンポイントを加えたいときに刺繍は最適です。刺繍でピアスやイヤリングなどのアクセサリーを作ったり、バッグやハンカチに刺繍模様を縫い付けることも人気があります。刺繍はプリントでは表現できない立体感、高級感があり、細かくてデザインも再現できることもおすすめのポイントの1つです。刺繍は、生地と刺繍針、刺繍糸、刺繍枠、ハサミがあればいつでもどこでも縫うことができます。ただ、初心者が使いやすい道具を探す手間を省くためにキットを購入するのもおすすめです。miroomで刺繍のやり方を学び、おしゃれでかわいい刺繍作品を作ってみましょう。