デジタルイラストの通信講座・オンライン教室 - miroom

デジタルイラストの通信講座・オンライン教室

48件

デジタルイラストとは、パソコン・スマホ・ipadなどの機材を使って描くイラストのことです。アナログイラストでは紙やペンなどの道具を使いますが、デジタルイラストではタブレット・加工アプリ・タブレット用のペンシルなどを使用します。加工アプリは「お絵描きソフト」などとも呼ばれ、アイビス・クリップスタジオ・Adobe Frescoなど、様々な種類があります。使用できるツールや機能など、それぞれのアプリに特色があるので、描きたいイメージのイラストに合わせて、アプリを選ぶと良いでしょう。デジタルイラスト初心者なら、オンライン教室や通信講座で学ぶのがおすすめです。キャンバスサイズの決め方・レイヤーの分け方など、基本的な機器操作からしっかりと学べるからです。基本操作は、本などで調べながら身につけることもできますが、思わぬ抜けがあったり疑問が解決できなかったりする場合も多くあります。オンライン教室や通信講座で学べば、そのような心配もなくはるかに効率的に学習できるのです。実際のイラストの描き方についても、まずは信頼のおける講師から学ぶのがおすすめ。初心者の場合、何から始めれば良いのか手順すら分からないことも。オンライン教室や通信講座で学べば、あたりの付け方・線画の描き方・色の塗り方など、一つずつしっかり身につけていけます。講師の描き方のコツやテクニックを吸収できる良い機会になるでしょう。

デジタルイラストの通信講座・オンライン教室一覧

デジタルイラストの先生一覧

デジタルイラストが学べる通信講座・オンライン教室を開講中です。超初心者でもゼロから上達できる。ipad、タブレットなどを使ったオンラインレッスンを多数開講中です。デジタルイラスト教室・講座を探すなら「ミルーム」

教室・講座の評判

  • ユーザーアイコン

    基本的な使い方をずっと知りたかったのでとても面白く学べました! 続きも楽しみです。

  • ユーザーアイコン

    すでに数年使っている自分でも知らない機能があり、勉強になりました。ありがとうございます。

  • ユーザーアイコン

    先生の技術を教えていただけて、楽しくなりました。 うちの猫や、友達の猫も描いてプレゼントしようと思いました。

  • ユーザーアイコン

    シンプルな人物がポーズや表情も、意外と豊かで、どんどん楽しくなりました。 ありがとうございました

教室・講座の口コミ・作品

もっと見る
初めてのペンタブで時間がかかりましたが、かわいく描けて嬉しいです。

イラスト・絵画

2024/05/24

デジタルで描く ほっこりあったかイラスト講座

頑張って全身を描き終えました💦スニーカーの紐のところが難しかったです。色

イラスト・絵画

2024/05/22

Procreateで水彩タッチの絵を描こう!ふんわり優しい人物イラスト講座

なかだまき先生

しまりすママさん、マイレポ+新しい講座も受講していただきこちらこそ本当にありがとうございます✨ カラフルでしまりすママさんならではの味もでてとってもかわいいです! もう立派なゆるデジマスターですね☺️✨ これからもどんどん新作がでてくるので楽しみに待っていただけたら嬉しいです♪

Aki先生

CoCoさん✨ ご受講ありがとうございます😊 プロクリエイトが初めてとは思えないですね♪ 形も色の塗り方もよく観察しながら描いてくださり、私もとても嬉しいです🌷

ブラシを離して再度塗るとムラになってしまうので、いっきに塗らなくてはいけ

イラスト・絵画

2024/05/18

Procreateで水彩タッチの絵を描こう!ふんわり優しい人物イラスト講座

Aki先生

sakiさん、いつもマイレポありがとうございます✨ 一枚のイラストに仕上がりましたね♪ どれも丁寧に取り組んでいただけたことがわかる作品になっています😊 ぜひ他のイラストにも挑戦してみてくださいね💓

全身が苦手なので、チャレンジしてみました。手の指が難しかったです。根気よ

イラスト・絵画

2024/05/14

Procreateで水彩タッチの絵を描こう!ふんわり優しい人物イラスト講座

染山ゆか先生

tomakoさん、続けてご受講いただきありがとうございます!手も全身もバランスよく描いていただいており可愛いです✨細かい部分は特にむずかしいですよね…。でも絶対に描けるようになるので大丈夫です!!(今も可愛く描けていらっしゃいます◎)安心して練習の過程もぜひぜひ楽しんでください😊私も昔はまったく描けませんでしたので…。応援しています😊✨ご受講お疲れさまでした🍵

関連記事

もっと見る

デジタルイラストについて

デジタルイラストのおすすめポイント

手書きで描くイラストを「アナログイラスト」といい、パソコンやタブレットなどの機材を使って描かれるイラストを「デジタルイラスト」といいます。様々な種類の加工アプリがありますが、どのアプリを選べば良いのか迷う場合は、メイキング動画がネットで確認できるので、それらを参考に描きたいイメージのイラストに合うアプリを選ぶと良いでしょう。アナログイラストの場合、用紙・鉛筆・マーカー・絵具など、様々な画材を揃える必要がりますが、デジタルイラストの場合、アプリの中に必要なものは全て揃っています。様々な種類のペンが揃っていたり、紙のサイズも自由に変更できたりするので、沢山の画材を揃える必要がなく初心者でも気軽に始められるのが魅力です。初心者なら、オンライン教室や通信講座で学び始めるのがおすすめ。文字の書き方を習得するときと同じように、応用を積み重ねるにはしっかりとした基礎を固めることが重要となります。デジタルイラストについて書かれた本も販売されていますが、独学の場合は思わぬ抜けがあったり疑問が解決できなかったりする場合も。オンライン教室や通信講座で学べば、そのような心配もなくはるかに効率的に学べます。実際のイラストの描き方についても、信頼のおける講師からそのテクニックを学ぶのがおすすめです。あたりの付け方・線画の描き方・色の塗り方など、基本がしっかり身に付くことは言うまでもありません。オンライン教室や通信講座で学べば、さらに細かなテクニックが学べるでしょう。例えば、透明感のある色塗りのコツ、蛍光色を効果的に使うコツなど。講師から教わるからこそ学べるテクニックがあります。学んだことを何度も練習し、自身のイラストに応用していきましょう。人物の髪の毛や目などを透明感のある色で塗ったり、背景にネオン管を輝かせてみたりなど、ワンランク上のイラストに仕上がるはず。デジタルイラストが描けると、様々なアイテムへの展開も楽しめます。例えば、マスキングテープ・フレークシールなど、文具への展開も人気があります。この他にも、Tシャツやトートバッグなどに印刷し、アパレルグッズにして販売することもできます。非常に幅広い楽しみ方が可能なのです。もはや、イラストは眺めたりコンテストに応募したりなど、自分だけで楽しむものではありません。ぜひ、デジタルイラストを通して、さらに広い世界を楽しんでいきましょう。