水彩画のオンライン教室・通信講座 - miroom

水彩画のオンライン教室・通信講座

13件

水彩画とは英語で「watercolor painting」というように、水で溶いて使用する絵の具で描かれた絵のことを指します。みずみずしいテクスチャの絵を描けることが特徴で、雲、空、海などの自然や、木、花などの植物を素材にした風景を描くのに適しています。特に花は人気の題材であり、桜やあじさい、バラ、ひまわりといった季節ごとに様々な花が描かれています。水彩画では絵を描く前の下準備の工程が大切。紙は水を含むと伸び、乾燥すると縮む性質があるため、水を溶いた絵の具で描いていくと紙がたわんだり波打ってしまいます。これを防ぐために水張りという事前に水彩紙に水を含ませて板に張りつける作業を行います。始めは面倒に感じるかもしれませんが、きれいな絵を描くためには欠かせないひと手間です。下準備が終わったら画用紙に下書きしてペン入れし、着色していきます。ペン入れは鉛筆とペンの2種類があり、どちらにするかによって絵の印象は大きく異なります。色を塗る順番は描く題材によって変わりますが、風景画の場合は一番奥にある背景から塗ることが多いです。初心者は簡単な題材から描いて基本の塗り方を抑えるのがおすすめ。山や湖畔といった人工物の少ないものが入門的な題材となります。少し慣れてきたら動物や人物など、細かい描写の増える題材にチャレンジしていきましょう。描いたイラストはPCに取り込み壁紙などにするとより楽しむことができます。

水彩画のオンライン教室・通信講座一覧

水彩画の先生一覧

水彩画が学べるオンライン教室・通信講座を開講中です。キット付きなので初心者にもおすすめ。初心者でも安心して参加できるオンラインレッスンを多数開講中です。大人・社会人から子供まで、自分に合った講座を探すなら「ミルーム(miroom)」

教室・講座の評判

  • ユーザーアイコン

    一筆で描く葉っぱの筆の力加減や水分量の調節が難しかったですが、使用した3本のABTの混色がとてもきれいで色を見ているだけでも楽しくできました。練習してyucoさんのように描けるようになりたいです。

  • ユーザーアイコン

    水墨画楽しい

  • ユーザーアイコン

    パッケージを組み合わせて描く練習ができました。

  • ユーザーアイコン

    観ているだけだと簡単そうに見えますがやってみるとバランスが難しかったりしたところもありましたが楽しかったです。手持ちのABTで代用しましたが薄茶色大事だなと痛感しました。

教室・講座の口コミ・作品

もっと見る
佐藤麻衣子先生

このように続けて作品を拝見出来てその方の特徴が分かるので私もご指導がし甲斐があり、本当に嬉しいです。ありがとうございます😊 形はどれもきちんと捉えていてそれぞれの角度がしっかり描けていらっしゃいます。是非お持ちのコーヒーカップ、マグカップ、コップなどもスケッチしてみて楽しんで下さい☕️

佐藤麻衣子先生

マイレポ投稿ありがとうございます😃ペンで描くのは勇気がいると思いますがその分、気持ちが入るので見る側に伝わります。その程よい緊張がこのスケッチには伝わってきます。影の付け方は段々と慣れてくると思いますので楽しんでいただければと思います💐

佐藤麻衣子先生

マイレポ投稿ありがとうございます♪ それぞれのパンの特徴の描き分けが出来ていてよく観察していらっしゃるのが伝わってきました。パリパリ、サクサク、クルクルした感じが伝わってきました☺️

佐藤麻衣子先生

マイレポ投稿ありがとうございます!りんごの形が色々あって遊び心のある色見本が出来上がって私もとっても嬉しく拝見しました🍎🍏新たな気持ちで挑まれるとのことでこちらこそどうぞ宜しくお願い致します。

若林 眞弓先生

レジーナさま レッスンありがとうございます! 爽やかな感じのお弁当ですね! どれもおいしそうです。 天ぷらもおいしそうですし、にんじんやごぼうの輪っかもいい感じです。 レッスンを楽しんでくださって、本当にありがとうございました。 これからお弁当を作ることがあれば、ぜひ描いてみてくださいね! またお会いする日を楽しみにしています。

若林 眞弓先生

ヒロミヒロコさま レッスン、ありがとうございます! 見本、わかりにくくてごめんなさい。 お弁当、とてもかわいいです。 色のトーンが揃っていていい感じ♪ あしらいの効果っておもしろいですよね。 3本、線を入れるだけで表情が変わりますよね。 絵日記を描かれるとき、「好きだな」と思うものに線を添えてみてくださいね! 最後のレッスンまで楽しんでくださって、とてもうれしいです。 こらからもInstagramで拝見させていただきますね! ありがとうございました。

レッスン全て受講させていただきました!(^^)初めての技法もたくさんあり

イラスト・絵画

2023/01/23

カラーペンで描ける ちいさなゆるかわイラスト講座

Yuco Case先生

講座終了おめでとうございます!&ありがとうございます!最後の作品も素敵♡夢中で楽しく…嬉しいです(涙)

サンタさん、思ったより簡単に描けました(^^) 周りが寂しかったので、靴

ハンドメイド

2023/01/23

カラーペンで描ける ちいさなゆるかわイラスト講座

Yuco Case先生

サンタさんの表情がなんとも言えないかわいらしさ!!

水筆にもだいぶ慣れてきました!水彩の柔らかいカンジが良いですね(^^)

イラスト・絵画

2023/01/23

カラーペンで描ける ちいさなゆるかわイラスト講座

Yuco Case先生

インクが水で薄まるので柔らかくなりますね。かわいく描けてます♡

教室・講座の費用

月額2,480円から。他の教室と比較して安い費用となっています。ご契約期間によって月額費用の割引がございます。

教室・講座の費用

水彩画について

水彩画のおすすめポイント

水彩画とは、水を溶いた絵の具で描かれた絵のことを指します。みずみずしく生き生きとしたタッチが特徴の水彩画。日本ではTV番組の「プレバト」で芸能人が水彩画の技術を競うコーナーが人気となり、小中学生から大人まで幅広い世代で水彩画熱が増しています。海外でももちろん人気で、水彩画を主流としているイラストレーターは国内問わず数多く存在しています。水彩風のタッチのアニメーション、タトゥーやネイルなど、その透明感やおしゃれな質感は様々な形で楽しまれています。最近はタブレット端末でも水彩画風のデジタルイラストを描けるようになり、キャンバスや画材を用意すること無く取り組むことも可能になっています。絵心が無いからできない...と感じている方でも大丈夫。水彩画はアート初心者でも気軽に始めやすく、コツを掴めばどんどん上達することができます。形を捉えるのが苦手な方は塗り絵から始めても良いでしょう。水彩画で必要な道具としては筆、筆洗、水彩絵の具、パレット、画用紙、紙、布など。水彩色鉛筆や水彩筆ペン、水彩クレヨンといった、水彩画の質感を気軽に出せる道具もあるため手頃に楽しむことができます。ポピュラーなモチーフとしては紫陽花や薔薇などのお花が挙げられますが、夜空や女の子など、水彩画の透明感を生かして幻想的な雰囲気が出せる題材も人気があります。夜空はグラデーションのやり方にポイントがあったり、女の子は髪の毛の描き方などテクニックが要るため、どちらもより難易度の高い題材となりますが、できたときの達成感はひとしおでしょう。水彩画を初めて習うときには教室などに通ったり、入門書などの本を買ったりなどの方法があります。水彩画教室に行くのはなかなか勇気がでず、本などで独学で習得できるか不安という方は、手元の動きを動画で確認できるオンラインレッスンで学ぶのも一つの手です。水彩画の画材を買い集めるのが面倒であれば、必要な画材がセットになったキットがおすすめ。スケッチブックを手に外にでかけて、街や自然の風景を水彩画にするのも充実したひとときになるでしょう。出来上がった水彩作品はスキャンして待ち受けにすれば自分のイラストを日常で楽しむことができます。