やすらぎながらステップアップ♪ kaitoandkite植物刺繍講座 - miroom

やすらぎながらステップアップ♪ kaitoandkite植物刺繍講座

植物をテーマにした5つの刺繍ブローを作ります。基本の刺繍技法から学べるので初心者さんも大歓迎!

kaitoandkite先生|刺繍|フランス刺繍

kaitoandkite先生

刺繍

フランス刺繍

PDF資料あり

100名以上受講中

793

学習内容

■ 基本的なステッチのやり方
■ 糸の扱い方
■ アウトラインステッチ
■ レゼーデージーステッチ+ストレートステッチ
■ 30mmと48mmのブローチの仕立て方
■ 出来上がった作品の楽しみ方
■ お花の立体感の出し方
■ 大きな面の刺し方
■ フレンチノットステッチ
■ チェーンステッチ
■ 葉っぱの刺し方
■ 応用の効くバラモチーフの刺し方
■ スパイダーウェブローズステッチ
■ サテンステッチ
■ 星のモチーフの刺し方
■ お花以外の刺繍のデザイン
■ フィールステッチ(スパイダーウェブステッチ)
■ コーチドトレリスステッチ
■ 大きめの作品の刺し方
■ 密度の高いデザインの綺麗な仕上げ方
■ これまでのレッスンで学んだステッチの総復習

こんな方におすすめ!

✓ハンドメイド初心者さん
✓刺繍の初心者さん
✓何かに集中する時間を持ちたい方
✓新しい趣味を見つけたい方

講座の紹介

皆さん、こんにちは。
刺繍作家のkaitoandkite (カイトアンドカイト) です。

今回は5種類の植物刺繍ブローチを作る講座を開講します♪



植物の繊細さを糸で表現し、手のひらにおさまるサイズにギュッと世界観を詰め込みました。

こんなのを身につけられたら素敵だな、という考えを膨らませながらデザイン。

kaitoandkiteが大切にしてきた世界観をシェアしながら自分だけのブローチコレクション作ってもらえるレッスンとなっています。



私は、刺繍をする時間は心から無になることができ、夢中になる時間は贅沢そのものだと思っています。

静かな部屋で黙々と刺し進める。

日常のことを忘れて、ただ目の前の糸と針に向き合う。

そんな時間は自身のデトックスやリラックスに繋がっています。

そんな時間にぴったり寄り添うデザインですので、ぜひ日常からちょっと離れて美しく可憐な植物を刺繍する時間を過ごしてみませんか?



いろいろな技法で飽きのこないブローチ作り♪

今回は初心者の方でも楽しめるように、最初はたった2つの刺繍技法だけでスタートします。

繰り返していくうちに徐々に上達していくことでしょう。



それ以降は復習をはさみながらも少しずつ新しいテクニックを学んでいくので、最後まで飽きずに楽しんでいただけるカリキュラム内容となっています。



この作品は小さいからこそ愛らしくもあり、そこが難しくならないためのメリットでもあります。

3cm〜5cmのサイズで刺繍する範囲も広くないので、初心者さんでもちゃんと最後まで作りきることができます。



モチベーションが続くか心配、という方も安心ですね♪



毎日のお洋服選びに楽しみを

手軽にファッションに取り入れられるのがブローチの魅力。
自分で作ったオリジナルのブローチを身に着けると、一層気分が上がります。

今回は気分をぱっと明るくする爽やかな色合いを中心に取り入れました。



レッスンで作っていく5つのブローチはそれぞれ色合いや雰囲気が異なるので、その日の気分に合わせて選ぶことができます。

どんな時に着けようかな?どんな服に合わせようかな?
想像しながら刺し進める、この刺繍講座にはそんな楽しみ方もあります。



「今日の夜は刺繍を進めよう♪」そう考えるだけで毎日がいつもより楽しくなる。

この講座が皆様にとって、そう感じていただける存在となることを願っています。



刺繍が初めての方も、何か手仕事をやりたいと思っていた方も、ここから始めてみませんか?

自分だけの特別なブローチを作っていきましょう♪

講座でお待ちしています。


生徒の作品

生徒の声

  • ユーザーアイコン

    ボンドが布地に滲みない工夫はとても勉強になりました。ブローチはなかなか手持ちの服に合わせれないので、ヘアゴムにして普段使いしています。

  • ユーザーアイコン

    とても楽しかったです! 動画では先生の人柄がひしひしと伝わり、ほのぼのと進める事ができました。 このようなレッスンは初めてで、分かるかな?と心配もありましたが、先生のご説明はとても丁寧で分かりやすくて、初心者目線で行ってもらえたところが1番満足できました!

  • ユーザーアイコン

    細かいところまで解説されていて、その工程が必要な理由なども分かり良かったです。


カリキュラム

飛びラベンダーの刺繍のサムネイル

1. 飛びラベンダーの刺繍

  • オープニング

    00:00
  • はじめに

    00:20
  • 使用材料・道具

    01:41
  • 生地に接着芯を貼る

    03:12
  • 下絵を生地に写して刺繍枠にセットする

    04:33
  • 糸を準備する

    09:21
  • 中央の花の部分を刺す

    10:57
  • 茎の部分を刺す

    23:45
  • グラデーションの花を刺す

    30:45
  • 残りの茎を刺繍する

    38:25
  • 完成♪

    43:01
ブローチへの仕上げ方 (30mm / 48mm)のサムネイル

2. ブローチへの仕上げ方 (30mm / 48mm)

  • オープニング

    00:00
  • はじめに

    00:20
  • 使用材料・道具

    01:53
  • 下絵を消す

    03:14
  • ガイドラインシートを作る

    04:14
  • 生地をカットする

    05:49
  • 接着芯をカットして貼りつける

    07:22
  • 生地の周りを並縫いする

    10:27
  • くるみボタンに生地を貼りつける

    11:57
  • フェルトとプラスチック板をカットする

    15:41
  • プラスチック板に目打ちで穴を開ける

    17:50
  • プラスチック板とフェルトを貼り合わせる

    19:52
  • ブローチピンを縫いつける

    22:08
  • パーツを貼り合わせる

    28:08
  • フェルトをカットしてボンドを塗る

    31:35
  • フェルト貼り合わせて金具を縫いつける

    35:14
  • 生地をくるみボタンにかぶせる

    40:52
  • パーツを貼り合わせる

    45:00
  • パーツを縫い合わせる

    46:53
  • 完成♪

    52:50
ブローチの仕上げ方(38mm)のサムネイル

3. ブローチの仕上げ方(38mm)

  • オープニング

    00:00
  • はじめに

    00:20
  • 使用材料・道具

    01:43
  • 下絵を消す

    03:08
  • ガイドラインシートを作る

    03:34
  • 生地をカットする

    05:30
  • 余分な接着芯をカットする

    06:47
  • フェルトをカットしてボンドを塗る

    12:15
  • フェルトと接着芯のガイドについて

    16:17
  • フェルトにブローチピンを縫いつける

    17:10
  • 生地をくるみボタンにかぶせる

    20:32
  • パーツを貼り合わせる

    24:28
  • 完成♪

    27:58
すずらんの刺繍のサムネイル

4. すずらんの刺繍

  • オープニング

    00:00
  • はじめに

    00:20
  • 使用材料・道具

    01:27
  • 下絵を生地に写して刺繍枠にセットする

    02:55
  • 葉脈を刺す

    09:35
  • 右側の葉っぱを刺す

    22:04
  • 左側の葉っぱを刺す

    35:20
  • 茎の部分を刺す

    42:35
  • 花を刺す

    46:26
  • 花茎を刺す

    58:54
  • フレームを刺す

    61:54
  • 完成♪

    66:50
バラミモザの刺繍のサムネイル

5. バラミモザの刺繍

  • オープニング

    00:00
  • はじめに

    00:20
  • 使用材料・道具

    01:50
  • 生地に接着芯を貼る

    03:13
  • 下絵を生地に写して刺繍枠にセットする

    04:28
  • 糸を準備する

    09:48
  • バラの茎を刺繍する

    11:12
  • バラの葉っぱを刺繍する

    17:25
  • 左のミモザを刺繍する

    39:28
  • 右のバラの茎と葉っぱを刺繍する

    56:25
  • 右のミモザを刺繍する

    59:48
  • バラを刺繍する

    60:50
  • 完成♪

    76:32
夜空の刺繍のサムネイル

6. 夜空の刺繍

  • オープニング

    00:00
  • はじめに

    00:20
  • 使用材料・道具

    01:21
  • 下絵を生地に写して刺繍枠にセットする

    02:59
  • チェックの部分を刺繍する

    08:43
  • 糸が重なっている部分を留める

    16:34
  • 黄色い星を刺繍する

    21:10
  • 白い星を刺繍する

    36:04
  • 銀色のドットを刺繍する

    49:25
  • 完成♪

    55:26
ワイルドベリーの刺繍のサムネイル

7. ワイルドベリーの刺繍

  • オープニング

    00:00
  • はじめに

    00:20
  • 使用材料・道具

    01:41
  • 下絵を生地に写して刺繍枠にセットする

    03:25
  • ベリーの茎を刺繍する

    08:16
  • ベリーの葉っぱを刺繍する

    15:50
  • 小さな葉っぱがついた植物を刺繍する

    32:32
  • 白い花の茎を刺繍する

    42:25
  • 白い花の芯を刺繍する

    46:41
  • 白い花の花びらを刺繍する

    51:15
  • 先端につぶつぶがついた植物を刺繍する

    58:32
  • ベリーを刺繍する

    63:13
  • 左半分を刺繍する

    73:55
  • 完成♪

    76:34

テレビや雑誌などメディアにも紹介多数

ミルームとは

  • 魅力的な講座が、毎月続々と開講

    講師と編集部がこだわって作る講座が、毎月開講されます。講座は現在2,000件以上。自分のお気に入りがきっと見つかります。

    魅力的な講座が、毎月続々と開講
  • 動画講座だから、自分のペースで受けられる

    1カリキュラム約20分の動画講座で、周りを気にせず自分のペースで受講。制限なく、何度でも見直すことができます。

    動画講座だから、自分のペースで受けられる
  • わからない点は、講師へ直接質問

    コメント機能で、わからない点は講師に直接質問できます。回数の制限もありません。

    わからない点は、講師へ直接質問
  • キットも購入できるため、準備が簡単

    経験豊富な講師が選んだ材料と道具をひとつにしたキットをご用意。足りない材料だけを単品で購入することもできます。

    キットも購入できるため、準備が簡単
  • 図案や見本などの資料は、PDFでダウンロード

    講座で使う補助資料は、キットと一緒にお届け、もしくはPDFでダウンロードすることができます。

    図案や見本などの資料は、PDFでダウンロード
  • 受講はすべて半期単位。お得な料金で続けやすい

    半期会費¥17,880で受講が可能。講座ごとの受講料はありません。教室に比べて続けやすいお得な料金です。

    受講はすべて半期単位。お得な料金で続けやすい

キット

3種類のキットを用意しています。

※キットは別売り・オプションとなります。
※お申し込みいただいた方のみ、キットを購入できます。

  • 材料キット(¥4,980)  113
  • オールインワンキット(¥7,480)  118
  • ビギナーオールインワンキット(¥9,680)  121
キット

  • ①ダルマ 家庭糸(細口)黒 / ねずみ / オフホワイト

    ブローチに仕立てるときに使います。
  • ②くるみボタン

    30mm 2個 / 38mm 2個 / 48mm 1個
    ブローチに仕立てるときに使います。
  • ③造花ピン

    25mm シルバー 2個 / 30mm シルバー 3個
    ブローチに仕立てるときに使います。
  • ④Clover パターンシート 4cm角 2枚

    ブローチに仕立てるときに使います。
  • ⑤Clover チャコピー

    片面クリアータイプ・青 6cm角 3枚
    <片面 白> 6cm角 2枚
    図案を写すときに使います。
  • ⑥フェルトミニー

    MB 6cm角 3枚
    黒 6cm角 3枚
    ブローチに仕立てるときに使います。
  • ⑦木工用ボンド多用途

    ブローチに仕立てるときに使います。
  • ⑧刺繍糸

    Olympus刺しゅう糸25番 #283/#2835/#288/#289/#414/#483/#520/#612/#735
    Cosmo刺しゅう糸25番 #364/#573/#701/#702 DMCライトエフェクト糸 E168
    DMC刺しゅう糸25番 #01/#157/#3012/#326/#3350/#3363/#732/#793
  • ⑨片面不織布接着芯 薄手 / 中手

    ブローチに仕立てるときに使います。
    中手 15㎝角 ×1枚 / 薄手 15㎝角 ×1枚 / 薄手 6㎝角 ×3枚
  • ⑩生地

    刺繍をしていく生地です。飛びラベンダー:フレンチリネン オフホワイト 16cm角
    すずらん:フレンチリネン 生成 16cm角/バラミモザ:リネンキャンバス グレージュ 16cm角
    夜空・ワイルドベリー:ベルギーリネン ブラック 16cm角 2枚
  • ⑪ナチュラルトレーシングペーパー A4 薄口

    図案を写すときに使います。
  • ⑫図案

    キットにはオリジナルの図案も同封しています。
  • ⑬マスキングテープ

    図案を固定するときなどに使います。
  • ⑭刺しゅう枠 10cm / 刺繍針

    刺繍をしていく際に生地を固定するために使います。
    刺繍針は 5号と7号を使います。
  • ⑮Clover トレーサー

    チャコピーを使って図案を写すときに使います。
    図案や複写紙を破りにくく、なめらかに写せるボールチップタイプです。
  • ⑯水性チャコペン チャコパー アーチスト 極細・青

    図案の写しきれなかった部分や作業中に消えてしまった部分を描き足すときに使用します。
  • ⑰Clover アイロンチャコペン<白>

    図案の写しきれなかった部分や作業中に消えてしまった部分を描き足すときに使用します。
  • ⑱Clover 水性チャコペン<ピンク 細>

    フェルトや生地の切り取り線を描くときに使います。
  • ⑲目打

    ブローチに仕立てるときに使います。
  • ⑳綿棒 / つまようじ 各5本

    ブローチに仕立てるときに使います。
  • ㉑糸切りはさみ

    糸をカットするときに使います。

キットの内容は、写真のものと一部異なる場合がございます (基礎的な用具のグリップの色が異なる等。受講の用途としては十分なものを入れております)。キットに足りないものや不備があった場合は、未使用に限りお取替えさせていただきます。


先生の紹介

kaitoandkite先生|刺繍|フランス刺繍

kaitoandkite先生
kaitoandkite先生公式インスタグラム kaitoandkite

インタビュー

Q. 先生が刺繍を始めたきっかけは何ですか?


A. 小学生の頃に針仕事が得意な祖母に教わりながら、遊びの1つとして刺繍を始めました。その後、刺繍をしない期間をはさみ、専門学校在学中に刺繍を取り入れた作品をいくつか制作したことで、刺繍の楽しさを改めて実感しました。本格的に現在のような作品作りを始めたきっかけは、手作り品を取扱うお店を営む母に刺繍のブローチを作ってほしいと頼まれたことでした。


Q. 先生が思う刺繍の魅力は何ですか?


A. 刺繍は少ない道具と小さなスペースがあれば楽しめるところが一番の魅力です。そんな刺繍は、何か新しい趣味を始めてみたいという方にはうってつけです。また、生地や糸の色と種類、様々なステッチとの組み合わせで本当に沢山の表現ができ、楽しむことができます。
ひと針ひと針丁寧に刺していくことで少しずつ出来上がっていく刺繍は、手間はかかりますが、その分完成した時に大きな達成感を味わうことができるところも魅力の1つだと思います。


Q. 初心者ですが、大丈夫でしょうか?


A. レッスンは2種類のステッチだけで完成させられる小さな刺繍から始まり、レッスンごとに1つ〜2つの新しいステッチを学びながら進んでいきます。難易度も徐々に上がっていく形になっていますので、初心者の方にもしっかりとステップを踏みながら最後まで楽しんでいただける内容になっています。また、分からない部分がありましたら、いつでもコメントでご質問いただけます。レッスン動画に加えて、レッスンごとにライブイベントを開催しています。ライブイベントではレッスン内容の復習はもちろん、質問タイムも設けておりますので、初心者の方もしっかりサポートいたします♪


Q. 受講される方に一言お願いします♪


A. 刺繍はとても楽しい物です。難しそうだと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、簡単なステッチから始め、少しずつ慣れていくことで楽しさを感じていただけると思います。大きな刺繍は時間がかかり根気も必要ですが、段々と出来上がっていく過程はとてもワクワクする感覚を味わえます。
みなさんとレッスンを進めていく中で、私自身色々なことを学び、沢山の方々と楽しい刺繍時間を共有できると嬉しいです♪