手帳・ノートのオンライン教室・講座 - miroom

手帳・ノートのオンライン教室・講座

13件

手帳とは手の中に納まるような小さなサイズ感の記録本のことを意味します。主な用途として予定管理や行動の記録、メモなになります。近年では手帳にも様々な機能が加わり、自分の夢や目標を叶えるためのツールとして活用する人も多くなってきました。年末や春先の文房具の手帳売り場は所狭しと沢山の種類の手帳が並んでおり、自分にあった一冊を探すのも楽しい時間です。手帳好きな人は普段どんなことを書いているのか、今まで使っていなかった人にとっては気になる点ではないでしょうか。主なトピックとしては目標、日記、読書、運動や体重の記録、仕事や勉強の振り返り、出費の記録などがあげられます。最近はシールやマスキングテープ等を使ってかわいく装飾したページをSNS上に投稿し、より楽しく記録するアイデアを発信している手帳インスタグラマーも多く存在しています。#手帳デコ #コラージュノートなどのハッシュタグで検索するとそれらのインスタグラマーの投稿が見つかります。そんな手帳ブームに合わせて文具のデザイン性も向上しており、くすみカラーやおしゃれな手書き風イラストなど、最新のトレンドを取り入れたデザインが増えています。思わず手に入れたくなるデザインに魅了され、今まで興味のなかった人もハマってしまうほど進化しています。お気に入りの文具を使って手帳を作ると、書いている時も見返して読む時も、とびきりの楽しさがあります。ときめきが詰まった手帳ライフをぜひ始めてみてはいかがでしょうか。

手帳・ノートのオンライン教室・講座一覧

手帳・ノートの先生一覧

手帳・ノートが学べるオンライン教室・講座を開講中です。キット付きなので初心者にもおすすめ。初心者でも安心して参加できるオンラインレッスンを多数開講中です。手帳・ノート教室・講座を探すなら「ミルーム」

教室・講座の評判

  • ユーザーアイコン

    ひとつめの講座にこちらを選びました! 分かりやすく、聞きやすい講座でした。 子育て中のため夜に少しずつ受講したのですが、毎日受講する時間がくるのをわくわくしながら過ごすことができました!! 行動するのも楽しみです!

  • ユーザーアイコン

    とても楽しかったです。 集めたマスキングテープの活用に困ってたので、日々使いたいと思います。ありがとうございました。

  • ユーザーアイコン

    自分の絵のセンスがアップしたように思います。絵を描いている時間が本当に楽しかったです。ありがとうございました。

  • ユーザーアイコン

    コロナ禍で生活が変わってしまってから、精神的に落ちて引きこもりになっていました。 今回受講してみて、「外に出てみようかな!」「人に会ってみようかな!」と思えるようになりました。 遠くない未来を考えて、少しワクワクしています。

教室・講座の口コミ・作品

もっと見る
mini_minor先生

あーちゃんさん♩はじめまして! 紙モノポケットノートの制作、お疲れ様でした♡ ポケットをトラベラーズの付属カード収納用にするとは…とっても素敵なアイデア~!!発想力がすばらしいです(*^-^*) 窓の大きさは中身とのバランスを見るとこれくらいがベストと思います~! あとこちらのポケットは白いノート+白い紙ポケットだと上のリング穴が目立たなくなってしまうので、白い紙にする場合は下のノートをクラフト紙などにすると存在感を出せますよ♪ 次回のレッスンもよろしくお願いします!

mini_minor先生

トモカさん♩外食記録ノートの制作、お疲れ様でした! 左側のタグっぽい赤いデジタルステッカーがとっても素敵ですね(*^-^*) 白いレースのコントラストも含めて、さすがセンス抜群のトモカさんだなあと感心しました(*^-^*) 英国感をノートで出すというアイデアもGOODです!是非そういった視点をこれからも意識してノートを作ってください♩ 次回のレッスンもよろしくお願いします!

開きの右側です。

ライフスタイル

2024/01/29

日常の一コマから"センスを育てる"ノート講座

mini_minor先生

トモカさん♩さんぽノートの右ページ、こちらもとっても良くできていますね!強いて言えば、上の駅名を記す円マークをもう少し太いペンで書くとよりメリハリが出ると思いました♩良かったら試してみてください♩

開きの左側。

ライフスタイル

2024/01/29

日常の一コマから"センスを育てる"ノート講座

mini_minor先生

トモカさん♩さんぽノートの左ページ、緑と赤の配色がとてもきれいですね。デジタルのペンの選び方も彩度や明度や透明度など、とても繊細に仕上がっていて、抜群の完成度ですね!カワイイ~(*^-^*)

神社巡りをしてきました。

ライフスタイル

2024/01/29

日常の一コマから"センスを育てる"ノート講座

mini_minor先生

トモカさん♩さんぽノートの制作お疲れ様でした! 神社巡り…京都らしくてとっても楽しそう!金色の鳥居がある神社もあるんですね、わたしも行ってみたい♡ トモカさんは配色のセンスが本当に素晴らしいですね~是非これからもその強みを活かしながらノートづくり、進めてくださいね♪

 大好きなお散歩ルートをテーマにしてみました。地図は何をランドマークにす

ライフスタイル

2024/01/28

日常の一コマから"センスを育てる"ノート講座

mini_minor先生

トモカさん♩さんぽノートの制作、お疲れ様でした! レイアウトやコラージュなどはもうプロの領域ですね♪ 地図については場所ごとに特徴が異なるので、ランドマークも一概には言えないところが難しいのですが、今回ならばやはり線路やあと河川、大きな道路などがランドマークになると思われます。でもとても良く描けていると思いました♩ 次回のレッスンもよろしくお願いします!

見開きの右側です。

ライフスタイル

2024/01/27

日常の一コマから"センスを育てる"ノート講座

mini_minor先生

トモカさん♩自分の暮らす街を知るノートの右ページ、文字をもう少しキレイに書けると…とのコメントがありましたが、粒も揃っていて見やすく可愛い字だと思います! もし気になるようでしたら、下地の用紙を方眼やドットなどが入ったものにするともっと整った印象を出せるかもしれません。良かったら試してみてください♩

見開きの左側です。

ライフスタイル

2024/01/27

日常の一コマから"センスを育てる"ノート講座

mini_minor先生

トモカさん♩自分の暮らす街を知るノートの左ページ、レイアウトやコラージュなどはレッスンに忠実にまとめつつ、かつご自身らしさもプラスされていて、とてもGOODだと思いました! 強いて言えば、日本地図がもう少し目立つようにできると「宇治がここだよ~」という重要情報を浮きだたせられると思うので、もし後から調整できそうなら試してみてください♩

mini_minor先生

トモカさん♩自分の暮らす街を知るノートの制作、お疲れ様でした! 今回もレイアウトやコラージュなどは改めて言うまでもなく、ほんと~~に素敵ですね!! 宇治市は以前わたしも観光で行ったことがあるのですが、平等院以外にも魅力的なスポットがあるんだな~とわたしもじっくり魅入ってしまいました。 次回のレッスンもよろしくお願いします♩

見開きの右側です。

ライフスタイル

2024/01/27

日常の一コマから"センスを育てる"ノート講座

mini_minor先生

トモカさん♩身近な自然を見つけるノートの右ページ、余白の活かし方がとても美しいです♡イラストの色合いやデジタルノートの生成りっぽい紙など、色選びのセンスも抜群!! 是非これからもご自身の良さを活かしてノートづくりを進めていってください♩

関連記事

もっと見る

手帳・ノートについて

手帳・ノートのおすすめポイント

手帳とは「手もとに常備して、心に覚えている事柄を書き留めておくための帳面」という意味を持ち、手控え帳を略した言葉です。ビジネスパーソンはもちろん、学生から主婦まで、幅広い世代で使われている手帳。メリットとしては、 手書きすることで予定などが記憶に残りやすくなる、パッと見た時に一覧で情報を把握できるなどがあり、スマホを持っていても紙の手帳ならではの使いやすいさを気に入り愛用している人が多くいらっしゃいます。手帳には様々な種類がありますが、大きく分けると4つのタイプがあります。1ヶ月の予定を見える化できるマンスリータイプ、1習慣のスケジュールを詳細に管理できるウィークリータイプ、1日1ページで日記としても使えるデイリータイプ、複数のプロジェクトを管理できるガントチャートタイプの4種類です。スケジュールだけでなく、仕事や生活・勉強のメモやタスク管理に活用できるものもあるため、用途によって自分に合うものを選ぶのがおすすめ。最近は自由度の高いウィークリーやデイリーページに日記を綴る人も増えており、マスキングテープやシールを使ってかわいく日々の思い出を記録しています。何を書くかアイデアが浮かばないときにもシールを貼るだけで華やかでかわいいページに仕上がるので、楽しく記録することができます。絵が苦手な人でもなぞるだけで簡単にイラストが描けるテンプレートも豊富なデザインが販売されており、自分だけの特別な手帳作りは誰でも楽しめるものになっています。いざ手帳を使いはじめると「書き込むうちに気づいたらページがぐちゃぐちゃになっていた」ということがあるでしょう。手帳を上手く活用するためには書き方のコツがあります。例えば多色ボールペンを使い、赤は仕事の予定、青は重要事項、という風に色ごとに意味をもたせて色分けしながら書くとひと目で内容を把握することができます。また単語の頭文字やアルファベットなどの略語を用いて書くと限られたスペースでもスッキリと見やすくなります。ちょっとしたポイントを意識するだけ手帳を一段と使いやすくできるのです。また1月始まり、4月始まり、9月始まりと手帳によってスタート時期がバラバラですが、迷ったらライフスタイルに合わせて選ぶのがおすすめ。気持ちを新たに切り替えるタイミングで始めたい場合は1月始まり、新生活に合わせて始める場合は年度切り替えの4月始まり、といった感じに選んでみると良いでしょう。スケジュール管理やtodo管理、日々の記録など、様々な使い方ができる手帳。快適に、そして幸せに過ごすためのエッセンスが秘められた手帳を今年こそ取り入れてみてはいかがでしょうか。