紅葉 - miroom

紅葉

秋らしさ満点!オレンジと赤のグラデーションが美しい、紅葉の和菓子の作り方を学びます。

Hiromi先生|クッキング|和菓子

Hiromi先生

クッキング

和菓子

88

学習内容

■ 美しいグラデーションを作るテクニック
■ 餡を包み込むときのポイント
■ きれいに形作る手の動かし方
■ 三角棒で紅葉の形を作るテクニック

講座の紹介

真っ赤に染まった紅葉を再現!
練り切りを使った、紅葉の和菓子の作り方をレッスンしていきましょう♪



今回のレッスンでは、秋らしさいっぱいの紅葉の和菓子の作り方をレクチャーしていきます♪

秋といえば、山々を赤く染める紅葉が魅力ですが、その美しさをそのまま練り切りで表現していきましょう。

オレンジと赤のグラデーションを表現して、本物の紅葉のような美しさに仕上がった和菓子。

今年の秋は紅葉の和菓子を召し上がりながら、紅葉を眺めてみてはいかがでしょうか。

紅葉らしい形を作るために大切な色の使い方や、造形のコツなど、和菓子のテクニックをわかりやすくレッスンしていきます。

具体的なポイントは、

◆美しいグラデーションを作るテクニック
◆餡を包み込むときのポイント
◆きれいに形作る手の動かし方
◆三角棒で紅葉の形を作るテクニック

今回の紅葉のポイントとなるグラデーションを作るテクニックは、時間をかけて丁寧にレッスンしていきますよ。



紅葉の上側は平らに、下側は丸みをつけるといった、少し難易度の高い形の整え方についても詳しくレッスン。

シンプルな形に見えますが、形の作り方や模様のつけ方など、紅葉らしく見せるためにHiromi先生のこだわりがたっぷり詰まっています。

1工程ずつ丁寧に作りながら、美しい紅葉を作ってみてくださいね♪

今回は赤い紅葉を作りましたが、秋以外の季節には緑にしたり、赤く色づく前の黄色で作ってみても◎

同じテクニックを使っても様々な色で作れば、一年中楽しむことができますよ。

ぜひ今年の秋は紅葉の和菓子を手作りして、大切な方と一緒に召し上がってみてくださいね♪


生徒の作品


カリキュラム

紅葉のサムネイル

紅葉

  • オープニング

    00:00
  • はじめに

    00:20
  • 使用材料・道具

    01:08
  • 練り切りあんを練り直す

    02:06
  • あんにグラデーションを作る

    03:02
  • 包あんして土台の形を作る

    06:08
  • 竹串で葉脈の線を引く

    10:32
  • 三角棒で切り込みを入れる

    13:06
  • 葉っぱの形を整える

    15:54
  • 完成♪

    18:44

テレビや雑誌などメディアにも紹介多数

ミルームとは

  • 魅力的な講座が、毎月続々と開講

    講師と編集部がこだわって作る講座が、毎月開講されます。講座は現在2,000件以上。自分のお気に入りがきっと見つかります。

    魅力的な講座が、毎月続々と開講
  • 動画講座だから、自分のペースで受けられる

    1カリキュラム約20分の動画講座で、周りを気にせず自分のペースで受講。制限なく、何度でも見直すことができます。

    動画講座だから、自分のペースで受けられる
  • わからない点は、講師へ直接質問

    コメント機能で、わからない点は講師に直接質問できます。回数の制限もありません。

    わからない点は、講師へ直接質問
  • キットも購入できるため、準備が簡単

    経験豊富な講師が選んだ材料と道具をひとつにしたキットをご用意。足りない材料だけを単品で購入することもできます。

    キットも購入できるため、準備が簡単
  • 図案や見本などの資料は、PDFでダウンロード

    講座で使う補助資料は、キットと一緒にお届け、もしくはPDFでダウンロードすることができます。

    図案や見本などの資料は、PDFでダウンロード
  • 受講はすべて半期単位。お得な料金で続けやすい

    半期会費¥17,880で受講が可能。講座ごとの受講料はありません。教室に比べて続けやすいお得な料金です。

    受講はすべて半期単位。お得な料金で続けやすい

先生の紹介

Hiromi先生|クッキング|和菓子

Hiromi先生
Hiromi先生公式インスタグラム hale_works

練り切り専門教室HALE(ハレ)主宰
初心者から和菓子を仕事にしている人まで、全国から生徒が集まる、練り切りに特化した教室

初心者にも分かりやすい伝え方に定評がある。

子供のアレルギーをキッカケに、職人の世界と思われがちな練り切りも作れるのでは?と思いつく。

天然色素を使用し、伝統的な部分を残しつつモダンに仕上げる作品を得意とする。

「練り切り」という言葉を広め、2つの手のひらの中で作り上げる季節折々の小さな美しい世界を伝えていきたい。