カリグラフィー中級講座 バレンタイン編 - miroom

カリグラフィー中級講座 バレンタイン編

バレンタインシーズンにぴったりなフレーズの書き方やアレンジ方法が学べる講座です。

島野真希先生|カリグラフィー・レタリング|カリグラフィー

島野真希先生

カリグラフィー・レタリング

カリグラフィー

PDF資料あり

213

学習内容

■ サインペンでフレーズを書くときのコツ
■ 文字を書くときに意識するポイント
■ カードにデザインする方法
■ ハート型に文字を書くときのポイント
■ バランス良くドットを書くためのポイント
■ 文字を書くときのポイント
■ タグに仕上げる方法
■ ラッピングペーパーにカリグラフィーを書くときのポイント
■ 薄葉紙のようなラッピングペーパーの書くときに注意するポイント
■ ラッピングするときのポイント
■ 紙を選ぶときの注意点

こんな方におすすめ!

✓バレンタインシーズンをおしゃれな文字で彩りたい方
✓もっと日常でカリグラフィーを楽しみたい方
✓おしゃれな方法でプレゼントしたい方
✓新しい趣味を見つけたい方

講座の紹介

皆さん、こんにちは!

カリグラファーの島野真希です。

私は西洋の書道とも言われるカリグラフィーの魅力を皆さんにお伝えしています。

この講座では、バレンタインシーズンに使える、カリグラフィーの書き方やアレンジ方法をご紹介します。



市販のカードにはお洒落なものがたくさん販売されていますが、今年は手書きにチャレンジしてみませんか?

手書きならではの温かみのある文字なら、相手の印象に残ること間違いなし。



カリグラフィーに慣れていない人にも書きやすいように、サインペンを使って書く方法をレッスンしていきます。

バレンタインにぴったりな、カジュアルで可愛い雰囲気の文字を練習していきましょう。



カジュアルにカリグラフィーを楽しみましょう♪

「バレンタインまで時間が無い!」

そんなあなたでも大丈夫です。

私の講座では、ニブと呼ばれるペン先をホルダーにさして使うペンを使用することが多いですが、今回は扱いやすいサインペンを使ってレッスンしていきます。

誰でも一度は使ったことのある道具なので、きっと気軽にカリグラフィーに取り組んでいただけるはず。

かしこまらずカジュアルにカリグラフィーを楽しんでいきましょう♪



世界に一つのタグやラッピングペーパーを手作り!

バレンタインの贈り物に添える素敵なラッピングアイテムも、私にお任せください!

カリグラフィーの文字を施して、世界に一つしかないアイテムを制作します。

・タグ
・ラッピングペーパー

贈る方の好みに合わせて、色や素材を変えてアレンジしてみてくださいね♪



ラッピングアイテムを制作するテクニックは、バレンタインシーズンが過ぎてもずっと使っていただけます。

ちょっとした贈り物にタグを添えたり、お洒落な包装紙がなくてもカリグラフィーで素敵に変身させたり、オールシーズン活躍してくれることでしょう。

ぜひ、素敵なテクニックを講座でマスターしてくださいね♪


生徒の作品


カリキュラム

バレンタインカリグラフィー講座①のサムネイル

1. バレンタインカリグラフィー講座①

  • オープニング

    00:00
  • はじめに

    00:20
  • 使用するペンについて

    01:25
  • ガイドシートのラインについて

    02:20
  • "Happy Valentine"の書き方

    03:29
  • "gift for you"の書き方

    04:48
  • "love"の書き方

    06:16
  • "with all my heart"の書き方

    07:19
  • ハートのメッセージカードの書き方

    09:03
  • 鉛筆で下書きをする

    09:51
  • ペンで本書きをする

    11:40
  • 色ペンで隙間に模様を描く

    14:54
  • 下書き部分を消す

    15:46
  • 完成♪

    16:30
バレンタインカリグラフィー講座②のサムネイル

2. バレンタインカリグラフィー講座②

  • オープニング

    00:00
  • はじめに

    00:20
  • 使用材料・道具

    01:07
  • 紙にドットの模様を描く

    02:11
  • 6×4cmのタグの形にカットする

    03:48
  • トレーシングペーパーを6×2cmに切る

    05:46
  • トレーシングペーパーにメッセージを書く

    06:57
  • 紙2枚を重ねて穴を開ける

    07:56
  • 開けた穴にひもを通す

    08:34
  • 完成♪

    09:47
バレンタインカリグラフィー講座③のサムネイル

3. バレンタインカリグラフィー講座③

  • オープニング

    00:00
  • はじめに

    00:20
  • 使用材料・道具

    00:54
  • 薄葉紙に好きな文言を自由に書く

    01:27
  • ラッピングをする

    07:56
  • 薄葉紙について

    08:41
  • 完成♪

    09:31

テレビや雑誌などメディアにも紹介多数

ミルームとは

  • 魅力的な講座が、毎月続々と開講

    講師と編集部がこだわって作る講座が、毎月開講されます。講座は現在2,000件以上。自分のお気に入りがきっと見つかります。

    魅力的な講座が、毎月続々と開講
  • 動画講座だから、自分のペースで受けられる

    1カリキュラム約20分の動画講座で、周りを気にせず自分のペースで受講。制限なく、何度でも見直すことができます。

    動画講座だから、自分のペースで受けられる
  • わからない点は、講師へ直接質問

    コメント機能で、わからない点は講師に直接質問できます。回数の制限もありません。

    わからない点は、講師へ直接質問
  • キットも購入できるため、準備が簡単

    経験豊富な講師が選んだ材料と道具をひとつにしたキットをご用意。足りない材料だけを単品で購入することもできます。

    キットも購入できるため、準備が簡単
  • 図案や見本などの資料は、PDFでダウンロード

    講座で使う補助資料は、キットと一緒にお届け、もしくはPDFでダウンロードすることができます。

    図案や見本などの資料は、PDFでダウンロード
  • 受講はすべて半期単位。お得な料金で続けやすい

    半期会費¥17,880で受講が可能。講座ごとの受講料はありません。教室に比べて続けやすいお得な料金です。

    受講はすべて半期単位。お得な料金で続けやすい

キット

2種類のキットを用意しています。

※キットは別売り・オプションとなります。
※お申し込みいただいた方のみ、キットを購入できます。

  • オールインワンキット(¥5,980)  110
  • ビギナーオールインワンキット(¥7,980)  115
キット

  • ①万年筆 1本

    ペンを持ちやすくする為に使います。
  • ②筆タッチサインペン ブラック 1本

    文字を書く際に使用するペンです。
  • ③鉛筆 2B 1本

    下書きを描く際に使います。
  • ④マッキーケア極細 各1本

    模様を描くときに使います。
    ピンク / オレンジ
  • ⑤プレイカラードット 各1本

    模様を描くときに使います。
    26 チェリーレッド / 34 グレー / 88 コーラル
  • ⑥カット薄紙 1枚

    文字を書きラッピングをする際に使います。
  • ⑦WACCA 美濃和紙 紙糸 20cm 2本

    穴を開けたカードに通して使います。
  • ⑧CRANE & CO. Pearl White Cards 2枚

    講座で使用するカードです。
  • ⑨Maki Shimano-Calligraphy Guide Sheet 1式

    練習用のガイドシートです。
    ※キットをお申込みでない方もダウンロードしてお使いいただけます。
  • ⑩トレーシングペーパー 厚口 A4 1枚

    文字を書いてカードと合わせタグにします。
  • ⑪消しゴム 1個

    下描きを消すために使います。
  • ⑫穴あけパンチ 1個

    紙に穴を開けるときに使います。
  • ⑬定規 1本

    紙をまっすぐ切るために使います。
  • ⑭カッターナイフ1本

    紙を切るときに使います。
  • ⑮カッティングマット A4 1枚

    作業台として使います。

キットの内容は、写真のものと一部異なる場合がございます (基礎的な用具のグリップの色が異なる等。受講の用途としては十分なものを入れております)。キットに足りないものや不備があった場合は、未使用に限りお取替えさせていただきます。


先生の紹介

島野真希先生|カリグラフィー・レタリング|カリグラフィー

島野真希先生
島野真希先生公式インスタグラム makishimano_designs

書家・カリグラファー
幼少期から書道を始め、ウェディング会社にプランナーとして在籍していた頃から筆を持つ仕事に携わる。
日本にまだ先駆者がいなかった海外のモダンカリグラフィーに影響を受け、独学で基礎を学ぶ。

現在では、テレビ番組の題字や企業、店舗のロゴ、命名書、ウェディングアイテムを手がける、オーダーが絶えない人気アーティストとして活躍している。