癒しのパステルアート講座「空を描こう」 - miroom

癒しのパステルアート講座「空を描こう」

パステルとコットンでやわらかな色合いの空を描く講座です。雲の表現や夕焼けの描き方もご紹介します。

やなぎけんじ先生|イラスト・絵画|パステルアート

やなぎけんじ先生

初級

イラスト・絵画

パステルアート

PDF資料あり

39

学習内容

■ キャンバスの作り方
■ パレットを準備する方法
■ 色を選んで削る方法
■ 中間の色のブルーを塗るコツ
■ 練り消しゴムで雲の大きさを調整する方法
■ 濃い色で空の色を整える方法
■ 雲に影を入れるポイント
■ 練り消しゴムで光を入れる方法
■ 周りを切ってサインを入れる仕上げ
■ フィキサチーフの使い方
■ さまざまな空の描き方
■ 空のグラデーションの方法

こんな方におすすめ!

✓パステルアートに興味のある方
✓アートで心癒されたい方
✓新しい趣味を見つけたい方

講座の紹介

こんにちは!

パステルアート作家のやなぎけんじです。



パステルとコットンを使った、やわらかな色合いに癒やされるアート講座をお届けしています。

今回の講座では、パステルにぴったりなモチーフ、空の描き方を学んでいきましょう。



空は開放的で、心を和やかにしてくれますよね。

空を描くとき、空を見上げると自然と顔も上を向くので、描きながら前向きな気持ちにもなれるレッスンです◎



型紙を使わずに自由に描こう

青い空に大きな雲や小さな雲が浮かんでいる今回のモチーフ。

パステルアートでは型紙を使うこともありますが、今回は使わずに自由に描いていきます。



「自由と言われると何を描いていいかわからない」という方もいらっしゃるかもしれません。

レッスンでは、見本を参考にしながらどこにパステルの色を置いていくか、丁寧に解説していますのでご安心ください◎



頭をからっぽにして、のびのびと描けるのがパステルシャインアートの魅力♪

絵を描くのが苦手という方も、パステルアートがはじめてという方もリラックスして気軽に楽しめるアートです。



雲を描くことで広がる奥行き感

雲一つない空も素敵ですが、雲を描くことでグンと奥行き感が表現できます。

キャンバスの中でどのように雲を配置すればよいか、バランスのとり方についてもお教えしますね。



「雲を描く」といっても、実際には練り消しゴムで消して、白い雲を表現します。

練り消しゴムは光の表現にも活躍しますので、使い方を動画でじっくり学びましょう◎



また、雲にはパステルの色を使って影も入れていきます。

コットンをクルクル動かすコツがわかると、流れるように広がる雲を表現できるようになりますよ。



紫やオレンジ色の空も描けるように

青い空だけではなく、夕焼けや朝焼けのような空の描き方もご紹介します。

色の種類が増えるので少しむずかしくなるかもしれませんが、基本の描き方をマスターしていればどんな空でも描けるようになりますよ♪



きれいなグラデーションの描き方、色の重ね方をお教えしますので、いろんな空にチャレンジしてみましょう。

自分の好きな空を自由にパステルで表現できるようになれば、心も晴れやかになることまちがいなしです◎



パステルシャインアートを学びながら、無限に広がる空のバリエーションを楽しんでみませんか?

皆さまのご参加を心からお待ちしています♪


カリキュラム

空を描こう①のサムネイル

1. 空を描こう①

  • オープニング

    00:00
  • はじめに

    00:20
  • 使用材料・道具

    01:15
  • キャンバスを作る

    05:35
  • パレットを準備する

    07:55
  • 色を選んで削る

    08:31
  • 空を描く

    09:37
  • 中間の色のブルーを塗る

    12:10
  • ねり消しゴムで雲の大きさを調整する

    13:56
  • 濃い色で空の色を整える

    17:26
空を描こう②のサムネイル

2. 空を描こう②

  • オープニング

    00:00
  • はじめに

    00:20
  • 雲に影を入れる

    00:50
  • ねり消しゴムで光を入れる

    05:52
  • 周りを切ってサインを書く

    06:57
  • フィキサチーフの使い方

    09:45
  • 様々な空の描き方

    10:59
  • 空のグラデーションの方法

    11:56
  • 完成♪

    19:35

テレビや雑誌などメディアにも紹介多数

ミルームとは

  • 魅力的な講座が、毎月続々と開講

    講師と編集部がこだわって作る講座が、毎月開講されます。講座は現在2,500件以上。自分のお気に入りがきっと見つかります。

    魅力的な講座が、毎月続々と開講
  • 動画講座だから、自分のペースで受けられる

    1カリキュラム約20分の動画講座で、周りを気にせず自分のペースで受講。制限なく、何度でも見直すことができます。

    動画講座だから、自分のペースで受けられる
  • わからない点は、講師へ直接質問

    コメント機能で、わからない点は講師に直接質問できます。回数の制限もありません。

    わからない点は、講師へ直接質問
  • キットも購入できるため、準備が簡単

    経験豊富な講師が選んだ材料と道具をひとつにしたキットをご用意。足りない材料だけを単品で購入することもできます。

    キットも購入できるため、準備が簡単
  • 図案や見本などの資料は、PDFでダウンロード

    講座で使う補助資料は、キットと一緒にお届け、もしくはPDFでダウンロードすることができます。

    図案や見本などの資料は、PDFでダウンロード
  • お得な料金で続けやすい

    月額2,980円(税込3,278円)。講座ごとの受講料はありません。教室に比べて続けやすいお得な料金です。

    月額2,980円(税込3,278円)。お得な料金で続けやすい

キット

2種類のキットを用意しています。

※キットは別売り・オプションとなります。
※お申し込みいただいた方のみ、キットを購入できます。

  • オールインワンキット(¥4,180)  110
  • ビギナーオールインワンキット(¥5,580)  116
キット

  • ①ヌーベル カレーパステル 24色Bセット

    本講座でメインで使う画材のハードパステルのセットです。
    粒子の細かさ・伸びの良さが特徴で重色、混色がよくきくので幅広い技法での表現が可能です。
  • ②TOMBOW 色鉛筆1500 ももいろ/みどり/あお

    絵を描くときに使う色鉛筆です。
  • ③holbein 練りゴム No.3

    パステルを少し消し、光を表現するときなどに使います。
  • ④muse サンフラワーペーパー M画 16切り 8枚

    絵を描いていく紙です。
    純白色で、中目の紙肌を持つ柔軟性に富んだ画学紙です。
  • ⑤コピー用紙 A4 5枚

    削ったパステルのパレットとして使います。
  • ⑥工作方眼紙 約15cm角 1枚

    キャンバスを作成するときに使います。
  • ⑦カラークリアホルダー グリーン 1枚

    図案の型紙用として使います。
  • ⑧メイクアップ用コットン 10枚

    絵を描くときに使います。
  • ⑨ぼかし網

    パステルを削るときに使います。
  • ⑩図案

    キットにはオリジナルの図案が付属しています。
    ※キットをお求めでない方はダウンロードしてお使いいただけます。
  • ⑪uni 2B 鉛筆 1本

    講座で使う鉛筆です。B以上を推奨しています。
  • ⑫ぺんてる 修正液 ペン 極細

    光を表現するときに使います。
  • ⑬綿棒 2本

    細かいところを塗るときに便利なアイテムです。
  • ⑭カッターナイフ

    図案を切り抜くときに使います。
  • ⑮コクヨ まなびすと 30cm

    画用紙をカットするときに使います。
  • ⑯カッターマット A4

    図案を切り抜くときなどに使います。

キットの内容は、写真のものと一部異なる場合がございます (基礎的な用具のグリップの色が異なる等。受講の用途としては十分なものを入れております)。キットに足りないものや不備があった場合は、未使用に限りお取替えさせていただきます。


先生の紹介

やなぎけんじ先生|イラスト・絵画|パステルアート

やなぎけんじ先生
やなぎけんじ先生公式インスタグラム keny_pastel

インタビュー

Q. 先生がパステルアートを始めたきっかけは何ですか?


A. アートセラピーを学んでいる時に出会った『世界でいちばん簡単な絵の描き方』という本です。この本には、私が体験してきたアートの力や絵の楽しさがつまっていました。その後、この本の著者でありパステルアート創始者の江村信一先生に師事し、作家活動を始めると共に、講師としてパステルアートの魅力をお伝えして10年になります。



Q. 先生が思うパステルアートの魅力は何ですか?


A. たくさんありますが一番の魅力は、誰でも素敵な絵が描けて、楽しみながら自然に心が癒やされ・満たされていくところです。具体的には
・自分の描いた絵に感動して、自分がもっと好きになる(自己肯定感が上がる)
・人が描いた絵に感動して、自然にほめ合い笑顔になる(人間関係が良くなる)
・自分の可能性を引き出し、世界が広がる(自己実現につながる)
などがあります。



Q. 初心者ですが、大丈夫でしょうか?


A. まったく大丈夫です!むしろ、そういう方に体験していただきたいアートです。「絵を描きたいけど絵心がなくて…」とか「絵なんてしばらく描いてない…」という声をよく聞きます。パステルアートなら大丈夫!好きな色を削ってコットンで広げていくだけで、素敵な作品を描くことができます。初めてでも取り組みやすい手のひらサイズのキャンバスや、デッサン力がなくても絵が描ける型紙、色をつけた後でも色味を調整できる練り消しゴムなど、初心者の方でも安心して楽しめるメソッドがつまっています。



Q. 受講される方々へ一言お願いします♪


A. はじめは講座のお手本をベースに、あなたの好きな色を手に取り、描いてみてください。慣れてきたら、色を混ぜて新しい色を作ったり、色の強弱を意識したり、オリジナルの型紙を作ったりすることで、パステルアートの幅はどこまでも広がります。パステルアートをとおして、あなたの世界が広がるきっかけになれると嬉しいです。