カード織りでつくる ミニストラップ - miroom

カード織りでつくる ミニストラップ

古くから伝わるカード織りの技術を学び、色鮮やかな模様のミニストラップを作ります。

箕輪直子先生|ハンドメイド|クラフト

箕輪直子先生

初級

ハンドメイド

クラフト

PDF資料あり

32

学習内容

■ カードに印をつける方法
■ カード織りの図案の見方
■ 織り機を使わないたて糸の準備
■ たて糸をカードに通す方法
■ 織り機を使わない場合のはじめの準備
■ 織り機を使うたて糸の準備
■ よこ糸を準備する方法
■ 織り機を使わずに織るときの注意点
■ ストラップを織るポイント
■ 織り終わりの処理方法
■ ミニストラップに仕立てる方法

こんな方におすすめ!

✓手織りに興味がある方
✓色鮮やかなストラップを作りたい方
✓新しい趣味を見つけたい方

講座の紹介

こんにちは!

染織家の箕輪直子です。



今回の講座では、手織りの中でも古くから伝わる技術「カード織り」をご紹介します。

4つの穴があいたカードに糸を通し、そのカードを回転させて織っていく独特な手法です。



織り機がなくても作れますので、どなたでも気軽にはじめていただけますよ♪

完成したミニストラップは、キーチェーンやバッグチャームなどさまざまな日用品に活用できます◎



織り機がなくても作れます

カードを使った織り物がはじまったのは、なんと紀元前の時代からなんだとか。

そんな伝統技術をわかりやすく学べるのが、このカード織り講座です。



カードの使い方や糸の通し方など基本から丁寧に説明していくので、初心者さんも安心して進められますよ。

小さいミニストラップは短時間でできるため、はじめの第一歩にはぴったり!



織り機を持っていない、用意するのはちょっと・・・という方には、織り機がなくても作れる方法をご紹介しています。

少ない道具で気軽にはじめられるのも、カード織りの魅力です◎



心が整うカード織り

カードを回転させて、打ち込んで糸を引っ張って…という一定のリズムで織っていくカード織り。

そのリズムは瞑想的な効果もあり、織ることでストレス解消にもつながります♪



ひとつひとつの糸が自分の手で形になっていく喜びは、何にもかえがたいもの。

徐々に浮かび上がる色鮮やかな模様に、心癒やされるひとときを過ごせます。



使いやすい個性派ストラップ

完成したミニストラップは、スマホストラップやバッグチャームなどさまざまな実用品に活用。

いろんな色の糸でバリエーションも作れるので、おそろいにしたり、アイテムによって使い分けたりして楽しんでくださいね。



織り方しだいでひとつとして同じものがないストラップは、目をひくことまちがいなし!

大切な友人や家族にプレゼントしてもきっと喜ばれますよ♪



手織りに興味のある方、新しいことをはじめてみたい方にぴったりのこの講座。

古くから伝わるカード織りを学び、自分だけのミニストラップを作ってみませんか?


生徒の作品


カリキュラム

ミニストラップ①のサムネイル

1. ミニストラップ①

  • オープニング

    00:00
  • はじめに

    00:20
  • 使用材料・道具

    01:19
  • カードに印をつける

    03:33
  • 図案の見方

    06:14
  • 織り機を使わないたて糸の準備

    07:20
  • たて糸をカードに通す

    09:33
  • 織り機を使わない場合の始めの準備

    16:49
ミニストラップ②のサムネイル

2. ミニストラップ②

  • オープニング

    00:00
  • はじめに

    00:20
  • 織り機を使ってたて糸を準備する

    00:39
  • たて糸をカードに通す

    07:06
  • よこ糸を準備する

    12:57
ミニストラップ③のサムネイル

3. ミニストラップ③

  • オープニング

    00:00
  • はじめに

    00:20
  • 織り機を使わずに織る際の注意点

    00:47
  • ストラップを織る

    04:43
  • 織り終わりの処理をする

    18:07
  • 織り機を使わない処理方法

    19:06
  • ミニストラップに仕立てる

    20:34
  • 完成♪

    25:23

テレビや雑誌などメディアにも紹介多数

ミルームとは

  • 魅力的な講座が、毎月続々と開講

    講師と編集部がこだわって作る講座が、毎月開講されます。講座は現在2,000件以上。自分のお気に入りがきっと見つかります。

    魅力的な講座が、毎月続々と開講
  • 動画講座だから、自分のペースで受けられる

    1カリキュラム約20分の動画講座で、周りを気にせず自分のペースで受講。制限なく、何度でも見直すことができます。

    動画講座だから、自分のペースで受けられる
  • わからない点は、講師へ直接質問

    コメント機能で、わからない点は講師に直接質問できます。回数の制限もありません。

    わからない点は、講師へ直接質問
  • キットも購入できるため、準備が簡単

    経験豊富な講師が選んだ材料と道具をひとつにしたキットをご用意。足りない材料だけを単品で購入することもできます。

    キットも購入できるため、準備が簡単
  • 図案や見本などの資料は、PDFでダウンロード

    講座で使う補助資料は、キットと一緒にお届け、もしくはPDFでダウンロードすることができます。

    図案や見本などの資料は、PDFでダウンロード
  • 受講はすべて半期単位。お得な料金で続けやすい

    半期会費¥17,880で受講が可能。講座ごとの受講料はありません。教室に比べて続けやすいお得な料金です。

    受講はすべて半期単位。お得な料金で続けやすい

キット

3種類のキットを用意しています。

※キットは別売り・オプションとなります。
※お申し込みいただいた方のみ、キットを購入できます。

  • 材料キット(¥10,800)  17
  • オールインワンキット(¥11,800)  110
  • ビギナーオールインワンキット(¥33,800)  114
キット

  • ①DMC ハッピーコットン 各色

    762 1玉/780 1玉/798 2玉
    今回の講座で使う糸です。
  • ②ワイヤーキーリング シルバー 1個

    ミニストラップに仕立てるときに使う金具です。
  • ③竹串 10本

    試し織りするときに使います。
  • ④ヘアゴム 8本

    ウィービングカードを束ねるときに使います。
  • ⑤目盛り付きマスキングテープ 20mm幅

    織幅を均一にするための目印として使います。
  • ⑥Clover 糸始末リキッド<タティングレース用>

    糸の切り口がほつれるのを防ぐために使います。
  • ⑦図案

    キットにはオリジナルの図案が付属しています。
    ※キットをお求めでない方はダウンロードしてお使いいただけます。
  • ⑧ウィービングカード 10枚

    織機を持っていなくても織りのできる道具です。
  • ⑨DMC カードボードボビン 1枚(4枚入り)

    横糸を巻き付けるために使います。
  • ⑩DARUMA 絵織亜(エオリア)シャトル 小 1本

    織針のシャトルです。
    よこ糸を巻き、たて糸の間を通して織ります。幅の狭い所を織るときに使います。
  • ⑪ロータリーメジャー

    長さを測るときに使います。
  • ⑫Clover カットワークはさみ115

    糸を切るときに使います。
  • ⑬Clover 咲きおりペーパー<40cm> 3枚

    織り幅を一定に保つガイドラインとして使います。
    「咲きおり」にフィットした幅で、長さはお好みにカットして使えます。
  • ⑭Clover 手織り機「咲きおり」40cm<30羽セット>

    初心者さんにぴったり、楽しくかんたんに使える織り機です。
    長いサイズ(約4mまで)の織りも省スペースで、従来広いスペースを必要とした長いたて糸の準備が、手織り機本体内だけでできます。

キットの内容は、写真のものと一部異なる場合がございます (基礎的な用具のグリップの色が異なる等。受講の用途としては十分なものを入れております)。キットに足りないものや不備があった場合は、未使用に限りお取替えさせていただきます。


先生の紹介

箕輪直子先生|ハンドメイド|クラフト

箕輪直子先生
箕輪直子先生公式インスタグラム minowanaoko

インタビュー

Q. 今回の講座に込めた思いを教えてください!


A.カード織りはoffloomと言って織機ができる前から存在する布の織り方です。
できるのは紐状の布が中心ですが面白い柄ができるのが特徴です。
紐状の布はストラップなど使い道も広いので是非チャレンジしていただければと思います 



Q. 初心者ですが、大丈夫でしょうか?


A.本来織機がなくても織ることが出来ますが、体で支えるので糸の張りを一定にして作業するのがコツになります
織機をお持ちの場合はカードを固定できるので持っている道具は使われた方がやりやすいと思います 



Q. 受講される方々へ一言お願いします♪


A.カード織りはカードの枚数が多いと難しくなります。
まずは6枚でミニストラップを作ってみましょう。