淡い美しさに触れる ボタニカル水墨画講座 - miroom

淡い美しさに触れる ボタニカル水墨画講座

上手く描けなくても全てが様になる水墨画の講座。シンプルな技法なので絵画初心者さんにおすすめです!

墨絵artist蓮水先生|書道・ペン字|ペン字

墨絵artist蓮水先生

書道・ペン字

ペン字

PDF資料あり

102

月々¥2,480〜

講座の紹介

※1/31 11:00 配信をスタートしました。
お待たせしてしまい、申し訳ございませんでした。

----

こんにちは。女流墨絵アーティストの蓮水です。



私は7歳から書道を始め、書道家 武田双雲・水墨画家 小林東雲に師事し師範取得をしました。

これまで数々の賞を受賞。

ワークショップ・空間デザイン・題字制作・アートワーク制作など、様々な場所で活動をしています。



今回は、今年映画でも話題になりました水墨画を、身近に楽しめる講座です。

皆さんがお好きな「お花」のモチーフを描きながら、水墨画ならではの質感や表現を学んでいきましょう。



使うのは筆と墨汁だけ!墨特有の美しさ

水墨画で使うのは「筆と墨汁」だけ。

とてもシンプルです。



墨の単色だけで表現されるのが、水墨画の特徴。

絵画は色彩豊かに描かれることが多く、単色で表現される水墨画の技法は、大変珍しい表現方法です。

たった1色のみという制限された中で、描くことの難しさ・面白さ・表現力を、どれだけ発揮できるかが水墨画の魅力の一つです。



道具だけではなく、技法自体もとてもシンプル。

難しそうに見えますが、「かすれ」「にじみ」「濃淡」の3つをマスターすることで、墨独特の美しい世界が楽しめます。



今回の講座では、作品に絵の具で少し彩りをプラスし、華やかに仕上げるアイディアもご紹介します。

新たに技法を増やすことなく、初心者さんでも簡単に表現の幅が広げられるので、ぜひ着彩も楽しんでみましょう。



絵心は必要ありません

「絵を経験している人ではないと描けないでしょ…?」

多くの方がこのようなイメージをお持ちですが、実はそんなことはありません。



水墨画では全てが、あなたにしか出せない作品の「味」になります。

上手く描けなくても“様になる”のが、水墨画の良いところです。





筆に慣れることからはじめましょう

今回の講座は、筆に慣れることから始め、少しずつステップアップしながら学べる初心者向けの講座です。

最初は、簡単な線だけで構成された「稲」を学びながら筆に慣れていきましょう。





その後、形の違う花や葉など、少しずつ複雑なモチーフの描き方を学びます。

水墨画で描くコスモスや桜など、憧れの美しいモチーフも登場しますよ。



墨汁特有の濃淡に癒やされながら、素敵な1枚を描いてみませんか?

こんな方におすすめ!

✓墨で表現される美しい世界観がお好きな方
✓日本を感じる絵手紙を描いてみたい方
✓気軽に日本の文化を学びたい方
✓個性を絵で表現したい方
✓新しい趣味を見つけたい方


生徒の声

  • ユーザーアイコン

    水墨画楽しい


カリキュラム

Icon course curriculum 2全9回のレッスンで構成されています。

Icon course curriculum 1何度でも動画を見返すことができます。

LESSON
1

水墨画に使う材料と道具について

水墨画に使う材料と道具についてのサムネイル

まずは、水墨画に使う材料と道具について、ひとつずつご紹介します。筆や墨を扱うのは、学生時代の習字の授業以来という方も多いのでは?見覚えのある道具も多く登場しますが、水墨画ではどのように使うのか学んでいきましょう。

〈このレッスンで学べること〉
■筆について
■墨汁について
■使う紙、半紙について
■溶き皿、下敷きなどの道具について

  • オープニング

    00:00
  • はじめに

    00:20
  • 紙について

    00:58
  • 墨について

    02:42
  • 筆について

    03:41
  • 絵の具について

    04:38
  • 講座で使用する道具

    06:00
  • おわりに

    08:01
LESSON
2

筆に慣れながら稲を描いてみよう

筆に慣れながら稲を描いてみようのサムネイル

まずは、筆に慣れるための練習から始めます。稲を描きながら「線」の練習をしてみましょう。水墨画独特のかすれ、にじみ、濃淡の付け方や細い線の書き方をじっくりと解説します。

〈このレッスンで学べること〉
■濃淡の練習
■かすれの練習
■にじみの練習
■細い線の練習
■稲の描き方

  • オープニング

    00:00
  • はじめに

    00:20
  • 使用材料

    01:28
  • 濃淡のつけ方

    02:34
  • かすれの描き方

    05:53
  • 滲みの描き方

    07:14
  • 細い線の描き方

    08:22
  • 稲を描く

    10:24
  • 稲に色をつける

    15:52
  • 余白を埋める

    17:34
  • 落款印を押す

    20:07
  • 道具の手入れについて

    21:07
  • おわりに

    22:32
LESSON
3

葉っぱを描いてみよう①

葉っぱを描いてみよう①のサムネイル

ここからは、様々なモチーフを描いていきます。まずは「葉っぱ」の描き方から学びます。葉っぱと一言で言っても、季節によって見せる表情は様々。今回は春(桜)の葉から冬の枯葉まで、数種類の葉の特徴をしっかり捉えて描いてみましょう。

〈このレッスンで学べること〉
◾️桜の葉の描き方
◾️夏の葉の描き方
◾️紅葉、イチョウの描き方
◾️枯葉の描き方
◾️葉っぱの絵葉書

  • オープニング

    00:00
  • はじめに

    00:20
  • 使用材料

    01:08
  • 基本的な葉っぱの描き方(春の葉っぱ)

    01:37
  • 夏の葉っぱの描き方

    06:00
  • 秋の葉っぱの描き方

    07:50
LESSON
4

葉っぱを描いてみよう②

葉っぱを描いてみよう②のサムネイル

  • オープニング

    00:00
  • 冬の葉っぱの描き方

    00:31
  • ハガキに描く

    03:03
  • 完成♪

    16:00
LESSON
5

コスモスを描いてみよう

コスモスを描いてみようのサムネイル

続いて、コスモスの描き方を学んでいただきます。花の色によって様々な花言葉のあるコスモスですが、共通するのは「愛情」を意味する花言葉であること。そんなコスモスを墨だけで素敵に表現していきましょう。水墨画の技法である「さばき筆」が登場します。

〈このレッスンで学べること〉
■コスモスの描き方
■3つ並んだコスモスの描き方
■バランスの取り方
■さばき筆の練習
■絵葉書に応用する方法

  • オープニング

    00:00
  • はじめに

    00:20
  • 使用材料

    01:06
  • 花を描く

    01:18
  • 茎と葉っぱを描く

    03:34
  • ハガキに描く

    06:38
  • おわりに

    14:50
LESSON
6

ぶどうの木を描いてみよう

ぶどうの木を描いてみようのサムネイル

続いて、ぶどうの木の描き方をご紹介します。ぶどうの実・葉・枝など、いくつかのモチーフが重なり合い、少し複雑になります。まずは、一つずつのモチーフの描き方をじっくりと練習し、最後に組み合わせてぶとうの木を描き上げていきましょう。

〈このレッスンで学べること〉
■ぶどうの実、葉、枝、つたの描き方
■絵葉書に応用する方法

  • オープニング

    00:00
  • はじめに

    00:20
  • 使用材料

    01:04
  • 実を描く

    01:18
  • 葉っぱを描く

    03:28
  • 枝とツルを描く

    05:26
  • ハガキに描く

    07:26
  • 完成♪

    17:21
LESSON
7

桜を描いてみよう①

桜を描いてみよう①のサムネイル

最後は、水墨画で描くお花の中で一番人気の「桜」の描き方を学びます。小さな花びらを一枚ずつ丁寧に描き、日本の春を感じる作品を描いていきましょう。学んだ桜を葉書にバランスよく描くコツもご紹介します。

〈このレッスンで学べること〉
■桜の花の描き方
■枝にお花を組み合わせる方法
■絵葉書に応用する方法

  • オープニング

    00:00
  • はじめに

    00:20
  • 使用材料

    00:57
  • 桜の花を描く

    01:19
  • 枝を描く

    09:24
  • 葉っぱと細い枝を描く

    15:09
LESSON
8

桜を描いてみよう②

桜を描いてみよう②のサムネイル

  • オープニング

    00:00
  • はじめに

    00:20
  • 桜の花を描く

    00:39
  • 枝を描く

    09:13
  • 桜の花を描き足す

    12:55
  • 細かい枝を描く

    15:17
LESSON
9

桜を描いてみよう③

桜を描いてみよう③のサムネイル

  • オープニング

    00:00
  • はじめに

    00:20
  • 葉っぱを描く

    00:39
  • 枝を描き足す

    02:12
  • 金で装飾する

    04:18
  • 葉脈を描く

    05:44
  • 完成♪

    07:11

テレビや雑誌などメディアにも紹介多数

ミルーム(miroom)とは

  • 定額制オンラインレッスンサービス

    ご契約期間内はいつでもどこでも
    繰り返し受講できます。

    定額制オンラインレッスンサービス
  • 講座が全て受講し放題

    18カテゴリー、1,500以上の講座が
    無制限で好きなだけ受講可能。

    講座が全て受講し放題

料金・契約期間

3つの契約期間から選択できます。
契約期間が長いほど、月々の料金がお得!

料金・契約期間
  • ※各契約期間でのサービス提供内容に差はありません。
  • ※期間終了後は自動更新となりますが、マイページの「有料会員情報の確認・更新」からいつでもご解約手続きをしていただけます。
Iさんの場合

Iさんの場合

講座を見直してしっかり復習もしたいので、ゆっくり進められる6ヶ月契約にしています。先生とのコメントでのやりとりで、分からないことを解消できるのも良いです。

Tさんの場合

Tさんの場合

子育てをしながらの利用になるのでまずは3ヶ月契約にしてみました。1ヶ月あたり2,980円なので、近くのお教室に通うよりも続けやすい料金で助かります。


キット

1種類のキットを用意しています。

※キットは別売り・オプションとなります。
※お申し込みいただいた方のみ、キットを購入できます。
※お申し込み完了直後にキットをご購入いただいた場合、キットの発送日が契約開始日となります。

  • オールインワンキット(¥4,480)  19
キット

  • ①画仙紙はがき 20枚

    シンプルな画仙紙の葉書。にじみが多く、墨の濃淡が綺麗に出るので
    美しい色合いに仕上げることが出来ます。
  • ②水墨画用紙 二層紙 聖

    F6サイズの1/2(約318mm×204mm) 5枚
    練習用に使用する手漉きで作られた上質な紙です。
    予め所定のサイズにカットしてお届けします。
  • ③祥碩堂五聖水墨画(青系)30ml

    水墨画を描くのに適した墨汁です。青味を抑えた上品な青墨色で、古墨の色合いが楽しめます。
  • ④吉祥 チューブ絵具 各色

    #5 鮮光黄/#14 紅梅/#17 黄草/#23 鮮光朱/#50 藤紫/#62 赤金
    彩色に使います。パレットに適量を出した状態でお届けします。
  • ⑤特製 鶏狼毫中楷

    水彩画を描く細筆です。
  • ⑥ミニパレット 梅

    絵の具を出して使います。
  • ⑦とき皿 8.5cm

    墨汁を出して使うお皿です。
  • ⑧見本図案

    キットには絵の見本が付属しています。
    ※キットをお申込みでない方もダウンロードしてお使いいただけます。
  • ⑨呉竹 書道用下敷 美濃判 黒

    描くときに下敷きとして使用します。

キットの内容は、写真のものと一部異なる場合がございます (基礎的な用具のグリップの色が異なる等。受講の用途としては十分なものを入れております)。キットに足りないものや不備があった場合は、未使用に限りお取替えさせていただきます。


先生の紹介

墨絵artist蓮水先生|書道・ペン字|ペン字

墨絵artist蓮水先生
墨絵artist蓮水先生公式インスタグラム rensui.art

インタビュー

Q. 先生が水墨画を始めたきっかけは何ですか?


A. 幼少期より書道をずっと続けていましたが、師範を取得したのちに、「墨と和紙の表現の幅を広げたい!墨の濃淡を追求して行きたい!」という気持ちが強くなり水墨画の世界に飛び込みました。線が美しく、余白の美を取り入れた日本的な水墨画を描かれている師匠に出会えたことでより水墨画の魅力に惹かれていきました。


Q. 先生が思う水墨画の魅力は何ですか?


A. 水墨画は難しそう!と思う方が多いかと思いますが、実はとってもシンプルで初心者向けの絵画なのです。水墨画は西洋の絵画のように重ね塗りをしないで一筆一筆で仕上げていきます。シンプルだからこそ、そこにご自身の個性がより反映されるのです。ですので初心者の方でもご自身の絵を個性と捉えて味のある絵を描いて頂けるのが最大の魅力だと感じております。絵を見ればその方の性格もわかってしまうほど!そういったところも私自身楽しませて頂いております。


Q. 初心者ですが、大丈夫でしょうか?


A. はい!もちろんです!筆の使い方、墨の付け方など基本的なところからレッスンしていきますので筆に慣れていない初心者の方でも安心してご受講頂けます。


Q. 受講者の方に一言お願いします♪


A. 沢山の講座の中からご興味をお持ちいただきありがとうございます。今回のレッスンで描くシンプルな水墨画も、国宝級の水墨画も描き方は全て同じです。重ね塗りをせずに一筆一筆で仕上げていく究極の絵画なのです。日本人は古代よりそこに「線の美」「余白の美」という精神性を映してきました。今回のレッスンはそのような水墨画の魅力を知って頂く第一歩!描いていて心が安らぐ、癒される等感じて頂ければ幸いです。


FAQ

Q. 動画は何回でも見ることができますか?


A. はい。何回でも繰り返し見ることができます。また、途中止めながらご自分のペースで受講していただけます。


Q. 動画に公開期間はありますか?


A. 一度公開された動画は、有料会員である限り、期限なくいつまででも受講いただくことができます。


Q. 講座はいくつでも受講することができますか?


A. はい。個数や期間の制限なくいくつでも受講していただけます。