うま味も栄養価もUP!おうちでかんたん 干し野菜・ドライフルーツ講座 - miroom

うま味も栄養価もUP!おうちでかんたん 干し野菜・ドライフルーツ講座

野菜の長期保存が可能になる「干し野菜」を自宅で手作りする方法を学ぶ講座。うま味も栄養価もUP!

濱田 美里先生|クッキング|料理

濱田 美里先生

クッキング

料理

PDF資料あり

100名以上受講中

281

月々¥2,480〜

講座の紹介

こんにちは。

料理研究家の濱田美里です。



今回の講座では、野菜やフルーツを長持ちさせる「干し野菜・ドライフルーツ」の作り方を学んでいただく講座です。



干し野菜とは?

ついつい手が伸びてしまう干しいも、ホッとする味わいの切り干し大根、実は長風呂のおともに最高なドライフルーツ。

このように、干し野菜は意外と私達の身近にあります。



そんな干し野菜ですが、実は自分で手作りすることができるのです。

手作りなら、お店で購入するよりずっと手頃で、しかも無添加なので安心して食べられます。

そんな干し野菜を、お家で手軽に作れる方法を学んでいただきます。



干し野菜の魅力とは?

では、なぜ野菜やフルーツを乾燥させるのでしょうか。

実はカラカラに乾燥した干し野菜は、その見た目からは想像もつかない魅力が凝縮されています。



【魅力①】食材本来のうま味が味わえる

干し野菜は、太陽や風の力で水分を蒸発させるので、野菜のうま味が凝縮されます。

お料理に使うとしっかりとした野菜の出汁が出て、様々な調味料を使わずとも美味しく作れるのです。

水分は蒸発しますが、栄養素は残るものも多い。また、カサが減って生野菜よりたくさん食べることができるので、食物繊維をはじめとした栄養を格段に摂取することができます。



少し水っぽいな、甘みが少ないな、と思うような果物や野菜なども、ちょっと干すだけで、見違えるほど美味しくなります。

同じ献立でも、食感や風味が異なる干し野菜を使えば一味違う一品に。

料理のこだわりたい方にとって、干し野菜はおすすめの食材なのです。



【魅力②】長期保存ができる

「また野菜をダメにしてしまった…」せっかく買ったのに、結局使いきれず野菜をダメにしてしまうなんてことはよくあります。

ダメになってしまう原因は、食材に含まれる水分です。干し野菜は、干すことですべての水分を飛ばすので、長期保存が可能になります。

捨てないといけなくなる前に、野菜やフルーツを干すことで食品ロス対策にも繋がります。



✓野菜を使いきれなかった
✓たくさん野菜をいただいた
✓旅行前に冷蔵庫の野菜を整理したい

野菜の長期保存を可能にし、無駄にすることなく野菜を食べ切る、昔ながらの知恵をぜひ学びましょう。



こんなことを学びます

野菜やフルーツは、その形状によって干す前の「切り方」にポイントがあります。



しっかり乾燥させて美味しい干し野菜を作るためにはとても重要なのです。

今回は初心者の方にもおすすめな食材を選び、さらに形状ごとに学んでいただけるカリキュラムを用意しました。



また、お料理に使える干し野菜だけではなく、そのまま食べても美味しい皆さん大好きなドライフルーツの作り方も学びます。





ヘルシーなおやつとしてご自宅にストックしたり、職場に持っていくのもよいと思います。



実践編に入る前には、干し野菜についての知識も学びます。



・初心者におすすめの野菜は?
・保存方法、保存期間は?
・適した時期は?
・どんな流れで干し野菜ができるの?



キットについて

干し野菜には、風通しの良さが欠かせないため、干しかごやざるを使います。

お外に干す際に気になる方や、一度にたくさん干したい方はこちらの干しかごをおすすめします。



お部屋の中に干す方や、少量で干したい方は、このような27cmほどの大きめの干しざるがあれば大丈夫です。



干しかごまたは干しざる、どちらかお好きな方をお選びいただけるよう2種類のキットを用意しておりますので、お好きな方をお選びください。

干し野菜を使った特別レシピもご紹介!

作ることはもちろんですが、使って美味しさを感じていただけるところまで体感していただきたいという思いを込めて、

今回の講座受講者様のためだけに、各レッスンで作った干し野菜の「おすすめの活用方法」としてレシピテキストをご用意しました。

受講される方はそちらも合わせてご活用くださいね。



野菜をおいしく使い切る、干し野菜生活をはじめてみませんか?

こんな方におすすめ!

✓新しい調理法を学びたい方
✓簡単にできる保存食作りを学びたい方
✓食材や、食材本来のうま味にこだわりたい方


生徒の作品


カリキュラム

Icon course curriculum 2全6回のレッスンで構成されています。

Icon course curriculum 1何度でも動画を見返すことができます。

LESSON
1

干し野菜とは?

干し野菜とは?のサムネイル

知っているようで意外と知らない干し野菜について。そもそも干し野菜とはどんなものなのかを丁寧にご紹介していきます。干すことによって長期保存ができるようになるのはもちろん、食物繊維をたっぷり摂れるようになるなど、嬉しいポイントがたくさんあります。干し野菜の魅力を、一緒に発見していきましょう。

〈このレッスンで学べること〉
■干し野菜とは
■干し野菜に適した時期
■干し野菜に適した場所
■干し野菜ができるまで・干し方
■干し野菜のメリット

  • オープニング

    00:00
  • はじめに

    00:20
  • 干し野菜とは

    01:03
  • 干し野菜のメリットについて

    02:17
  • 干し野菜に適した場所

    04:10
  • どのようにして干し野菜はできるのか

    05:02
  • おわりに

    05:57
LESSON
2

干し野菜の基礎知識

干し野菜の基礎知識のサムネイル

実際に干し野菜作りを始める前に、まずは基礎知識から学んでいきましょう。使う道具・保存方法・賞味期限について詳しくご紹介します。

〈このレッスンで学べること〉
■干し野菜に使う道具
■干し野菜の保存に必要な容器と使い分け方
■干し野菜の賞味期限について

  • オープニング

    00:00
  • はじめに

    00:20
  • 道具について

    00:58
  • 容器の使い分け方

    04:18
  • 賞味期限について

    05:10
  • おわりに

    06:27
LESSON
3

きのこ類の干し方と活用例

きのこ類の干し方と活用例のサムネイル

ここからは、実際に干し野菜作りに挑戦していきましょう!食材ごとに分け、干し方のコツなど、分かりやすく解説していきます。

まずは、良い出汁がとれるきのこ類の干し方についてご紹介します。初心者さんにも扱いやすい食材ですので、ぜひ挑戦してみてくださいね♪

〈このレッスンで学べること〉
■干し野菜に適しているきのこ
■きのこごとの切り方
■干し方
■よくある失敗例

  • オープニング

    00:00
  • はじめに

    00:20
  • 使用材料・道具

    01:18
  • 干しえのき茸の作り方

    01:43
  • 干し舞茸の作り方

    03:22
  • 干ししめじの作り方

    04:22
  • 干しエリンギの作り方

    05:48
  • 干し椎茸の作り方

    07:26
  • おわりに

    10:50
LESSON
4

根野菜の干し方と活用例

根野菜の干し方と活用例のサムネイル

続いて、干すと甘みの増す根野菜の干し方をご紹介します。大根・にんじん・さつまいもなど、身近な食材が登場!根野菜は火を通すのに比較的時間のかかる食材ですが、干すことで調理時間の短縮にもなるんですよ♪

〈このレッスンで学べること〉
■干し野菜に適している根野菜
■野菜ごとの切り方
■干し方
■よくある失敗例

  • オープニング

    00:00
  • はじめに

    00:20
  • 使用材料・道具

    01:11
  • 大根の干し方

    01:49
  • 人参の干し方

    06:43
  • さつまいもの干し方

    09:28
  • かぶの干し方

    13:34
  • れんこんの干し方

    16:32
  • ごぼうの干し方

    18:20
  • 完成♪

    22:59
LESSON
5

果菜類の干し方と活用例

果菜類の干し方と活用例のサムネイル

続いて、きゅうり・トマト・ナスなど、果実を食べる実野菜の干し方をご紹介します。栽培していてたくさん収穫できたとき、たくさんお野菜をいただいたときなど、食べきれなくて困ることも。そんな時、ぜひ干し野菜を作ってみましょう。

〈このレッスンで学べること〉
■干し野菜に適している実野菜
■野菜ごとの切り方
■干し方
■よくある失敗例

  • オープニング

    00:00
  • はじめに

    00:20
  • 使用材料・道具

    01:17
  • パプリカの干し方

    01:56
  • ししとうの干し方

    04:20
  • ミニトマトの干し方

    05:43
  • オクラの干し方

    09:30
  • かぼちゃの干し方

    11:36
  • きゅうりの干し方

    13:27
  • ナスの干し方

    16:24
  • おわりに

    21:47
LESSON
6

フルーツの干し方と活用例

フルーツの干し方と活用例のサムネイル

最後は、フルーツの干し方をご紹介します。水分の多い果物を、上手にドライにする切り方や干し方のコツを分かりやすく解説します。無添加のドライフルーツが楽しめますので、ぜひ挑戦してみてくださいね♪

〈このレッスンで学べること〉
■ドライフルーツに適しているフルーツ
■フルーツごとの切り方
■干し方
■よくある失敗例

  • オープニング

    00:00
  • はじめに

    00:20
  • 使用材料・道具

    01:15
  • バナナの干し方

    01:54
  • ブドウの干し方

    03:51
  • イチジクの干し方

    05:41
  • リンゴの干し方

    08:13
  • キウイの干し方

    10:17
  • 柿の干し方

    12:40
  • イチゴの干し方

    16:43
  • 完成♪

    20:29

テレビや雑誌などメディアにも紹介多数

ミルーム(miroom)とは

  • 定額制オンラインレッスンサービス

    ご契約期間内はいつでもどこでも
    繰り返し受講できます。

    定額制オンラインレッスンサービス
  • 講座が全て受講し放題

    18カテゴリー、1,500以上の講座が
    無制限で好きなだけ受講可能。

    講座が全て受講し放題

料金・契約期間

3つの契約期間から選択できます。
契約期間が長いほど、月々の料金がお得!

料金・契約期間
  • ※各契約期間でのサービス提供内容に差はありません。
  • ※期間終了後は自動更新となりますが、マイページの「有料会員情報の確認・更新」からいつでもご解約手続きをしていただけます。
Iさんの場合

Iさんの場合

講座を見直してしっかり復習もしたいので、ゆっくり進められる6ヶ月契約にしています。先生とのコメントでのやりとりで、分からないことを解消できるのも良いです。

Tさんの場合

Tさんの場合

子育てをしながらの利用になるのでまずは3ヶ月契約にしてみました。1ヶ月あたり2,980円なので、近くのお教室に通うよりも続けやすい料金で助かります。


キット

1種類のキットを用意しています。

※キットは別売り・オプションとなります。
※お申し込みいただいた方のみ、キットを購入できます。
※お申し込み完了直後にキットをご購入いただいた場合、キットの発送日が契約開始日となります。

  • オールインワンキット(¥8,888)  12
キット

  • ①干しかご または 干しざる

    つきじ常陸屋「干しかご 小」または「角盆ざる27cm」
    お野菜を干すのに使います。
    お外に干す際に気になる方や、一度にたくさん干したい方は干しかごをおすすめします。
  • ②レシピテキスト

    各レッスンで作った干し野菜の「おすすめの活用方法」をまとめた講座オリジナルレシピテキスト。
    ※キットをお申込みでない方もダウンロードしてお使いいただけます。

キットの内容は、写真のものと一部異なる場合がございます (基礎的な用具のグリップの色が異なる等。受講の用途としては十分なものを入れております)。キットに足りないものや不備があった場合は、未使用に限りお取替えさせていただきます。


先生の紹介

濱田 美里先生|クッキング|料理

濱田 美里先生
濱田 美里先生公式インスタグラム misatoancienne

インタビュー

Q. 先生が干し野菜作りを始めたきっかけは何ですか?


A. これがおかしな話なんですが、一人暮らしをしていた若い頃、椎茸だかしめじだか何かキノコをその辺のザルに入れていたら、干しキノコになっていたんです!「まあ!干しキノコってこんなに簡単にできるの?」とびっくりしたのがきっかけです。(笑)
その後、全国のおばあちゃんの郷土料理を取材している時に、おばあちゃんたちが、いろんな台所や軒先で、いとも簡単に、野菜を干しておられて。そして生活の中で上手に使っておられるのを見て、すてきだなあ、と思いました。
それで、私も都会の小さなキッチンで、ベランダでもできるような、気楽な干し野菜ができたらいいなあ、と始めたのが20年くらい前の話ですね。


Q. 先生が思う干し野菜の魅力は何ですか?


A. 美味しいこと。楽しいこと(干している過程が。ザルに並んでいるのを見ているだけで楽しい)。
あと、すごく忙しい時に、鍋の中にポンと入れるだけでお野菜がたっぷりとれるので楽ちんです!


Q. 初心者ですが、大丈夫でしょうか?


A. もちろん大丈夫です!要するに切って並べればいいんですから!
最初はキノコやリンゴなど、失敗の少ない、身近なものでやってみるといいかもしれませんね。
フルーツなんて、カラカラに干し上がる前につまんで食べちゃっても構わないので(それでも生とは全然違う味に変化しているはずなので驚くと思いますよ)、ぜひ気楽にやってみてください。


Q. 受講者の方に一言お願いします♪


A. この度はmiroomでお会いすることができて、とっても嬉しいです。ありがとうございます。
この講座が、ご自身の生活の中で干し野菜を楽しんでいただくきっかけになるといいなと思います。ぜひ身近なものからトライしてみて下さいね。


FAQ

Q. 干し野菜に最適な時期はいつですか?


A. 乾燥しやすい秋から冬が干し野菜は最適です。日本は高温多湿なので、季節によっては干し野菜に適さない天気が続くこともあります。そのようなときは、扇風機の風を使って乾燥させることもできますが、自然に乾燥した干し野菜と扇風機によって乾燥した干し野菜とでは香りや食感、乾燥具合などの仕上がりに違いが生まれる場合もあります。


Q. 干す場所としてどのような場所が最適ですか?


A. 高温多湿を避けるため、直射日光が当たらない、風通しの良い場所が最適です。ベランダや庭などの屋外でも大丈夫ですが、外に干すことに抵抗のある方は室内でも大丈夫です。野菜を干すということは乾燥させるということですので、風通しの良さは確認しましょう。


Q. 動画は何回でも見ることができますか?


A. はい。何回でも繰り返し見ることができます。また、途中止めながらご自分のペースで受講していただけます。


Q. 動画に公開期間はありますか?


A. 一度公開された動画は、有料会員である限り、期限なくいつまででも受講いただくことができます。


Q. 講座はいくつでも受講することができますか?


A. はい。個数や期間の制限なくいくつでも受講していただけます。