フランス刺繍のオンライン教室・通信講座 - miroom

フランス刺繍のオンライン教室・通信講座

114件

フランス刺繍とは、植物や動物などのモチーフなど、ヨーロッパ風のステッチを総称する言葉です。イギリス刺繍、日本刺繍、プロヴァンス刺繍(ブティ)など、刺繍の種類はたくさんありますが、その中で基本とされる技法がフランス刺繍であり、日本での刺繍はフランス刺繍を意味することが多いです。その歴史は古く、17世紀には衣類や装飾品、家具などにも刺繍が施され、富の象徴でもあったとされています。必要なものは刺繍糸・刺繍針・生地・刺繍枠・チャコペン・ハサミ・図案などで、ユザワヤやamazonなどの通販で購入できます。刺繍糸はバラ売りされているので、好みの色を探すところから刺繍の楽しみは始まります。価格を抑えたい方はダイソーでも材料を揃える事ができます。収納場所も取らず、持ち運びも出来るので好きな時に好きな場所で製作できるのも魅力のひとつです。クロスステッチとは違い、サテンステッチやチェーンステッチなど様々な刺し方を組み合わせて作り上げるのがフランス刺繡の特徴であり、魅力です。完成した刺繍は、ブローチにしたりバッグにするなど、身に着けて楽しむことができます。大きな作品は制作に時間がかかるので、初心者はブローチキットなど必要な道具のセットを購入し、小さな作品から始めるのがおすすめです。

フランス刺繍のオンライン教室・通信講座一覧

フランス刺繍の先生一覧

フランス刺繍が学べるオンライン教室・通信講座を開講中です。キット付きなので初心者にもおすすめ。初心者でも安心して参加できるオンラインレッスンを多数開講中です。フランス刺繍教室・講座を探すなら「ミルーム」

教室・講座の評判

  • ユーザーアイコン

    グラデーションの作り方がよく分かりました😊

  • ユーザーアイコン

    細かな点も分かりやすく説明があり、楽しく受講出来ました。 今度は本番 しっかり復習しながら仕上げたいと思います。

  • ユーザーアイコン

    複雑そうに見えて、意外とあっという間に出来ました! 立体感のあるパンが縫えて満足です♪ ありがとうございました!

  • ユーザーアイコン

    微妙な色の違うグリーンの糸と、お花の紫が素敵で、すごく好きなデザインです。 もっとお花と葉や枝の刺繍を上手くできるようになりたいと思いました。

教室・講座の口コミ・作品

もっと見る
bitte先生

eminさま お疲れ様でした! 持ち手のサテンステッチ、ステッチの向きをとてもきれいに変えていただけています。 針穴が気になる原因を想像してみました。もしかしたら糸の引き具合が強いのかもしれません。 気になるポイントを考え、解決していくと作品のクオリティが上がり、上達への道となります。 この調子で頑張ってください。

bitte先生

eminさま ペンダントライトを完成させていただきありがとうございました! 同じモチーフを同じように刺すのは実は大変難しいことなのです。飽きてくることもありますしね。 ですが、同じモチーフだからこそ左右で比べ上手く刺せた時の感覚を身につけていただくこともできます。 そしてアップダウンで刺すチェーンステッチに慣れて来ていただいてよかったです。 左のライトがとてもきれいだと思います。 どうか続けて頑張ってください。

延山菜摘先生

マイレポいただきありがとうございます!色違いにアレンジパーツバージョンも素敵です💕お写真でもサテンステッチの上品な光沢感を感じられますね。 また別バージョンや違うデザインにもしていただければ嬉しいです☺️ありがとうございました。

bitte先生

mさま オーブンミトンを完成させていただきありがとうございます。 ちまちま細かくて大変だったと思いますが根気よく刺していただき大変お疲れ様でした。 改善点はご自身で分かっていらっしゃるので、目標に向かってたくさん刺してください。頑張りましょう!

bitte先生

eminさま お疲れ様でした! ご苦労させてしまいましたが、特にサテンステッチの際はクリアで正確な図案線が必要です。サテンステッチをマスターしていただければ作品全体的のクオリティが上がります。 楽しんでいただけたのが何よりうれしいです。 そうなんです!スクエアフープの便利さも実感していただけてうれしいです。 次のモチーフのご紹介も楽しみにしています。

kaitoandkite先生

そんなそんな!とっても丁寧に綺麗にお作りいただいたことがよくわかります✨沢山お作りいただけてとても嬉しいです☺️ 下絵消えやすいですよね💦 なかなか難しい問題ですが、私もよく書き足しますよ! 受講いただきありがとうございました😊✨

bitte先生

eminさま 慣れないスクエアフープで2つのモチーフを完成させていただきお疲れ様でした。 面を埋めるチェーンステッチ、特に曲線のある形は隙間が空き易く、先に刺したチェーンに寄せ気味に針を刺す工夫が要ります。たくさん刺していただくと寄せ具合を身につけていただけると思います。 私も糸を強めに引きがちです。強目に引いても糸や生地が引き攣れないよう、布も枠に強目に張るようにしています。枠から外すといい感じになります。 サテンステッチの場合は糸がねじれたりしてもふんわり感が出ないこともあります。

mo-ffu先生

とてもかわいく仕上がりましたね!形も整っていてとてもキレイです✨ 小さくて少し難しいタグも、きちんと刺されていて丁寧に作られたことが伝わってきました😊 次の作品も楽しみながら制作してみて下さいね!☺

たくさん使ってます!コンパクトなので刺繍箱にもしまい易いし、気に入ってま

刺繍

2024/02/05

装飾模様で日常を彩る 刺繍アクセサリー講座

延山菜摘先生

マイレポありがとうございます!私も未だに最初作ったピンクッションを愛用しています☺️ぜひピンクッションと共にいろんな作品に挑戦してください✨💕

サテンステッチ🧵シンプルなので難しい。上手くなりたいので練習します。

刺繍

2024/02/04

装飾模様で日常を彩る 刺繍アクセサリー講座

延山菜摘先生

マイレポありがとうございます!とてもシンプルな基本技法ですよね、ここを習得すると刺繍がぐっと楽しくなります😌🍀ぜひたくさん刺して習得してください✨

関連記事

もっと見る

フランス刺繍について

フランス刺繍のおすすめポイント

フランス刺繍は様々なステッチを組み合わせ、好みの図案を刺繍作品に作り上げていく技法のことです。フランス刺繍の愛好家も多く、上級者には立体的な作品やリボン、ビーズなどを使ったオートクチュール刺繡も人気があります。また写真と見間違うほどリアルな犬や猫などのペットをオーダーで刺繍されているフランス刺繍作家さんもいらっしゃいます。ハンカチに英語でイニシャルを刺繍してみたり、好みのデザインでクリスマス用のタペストリーを作ってみたり、楽しみ方は無限大です。初めての方は、基本的なサテンステッチやバックステッチ、チェーンステッチなどの縫い方を本や動画を参考に練習すると良いでしょう。また、オンライン教室やブログでもやり方を紹介されています。フランス刺繍のスクールや講座も東京・大阪を始め各地で開かれているので、趣味を通して仲間作りもできます。道具選びの中でも特に布選びが重要で、分厚すぎる生地や逆に薄くて目の詰まっていない生地は刺繍に向いていません。ツイルやリネンなど、適度な厚みがあり目が詰まっている生地が刺繍に適しています。フランス刺繍の図案はオリジナルでも良いですが、刺繍に不向きな物もあるので、最初は本やネットで図案を探すのがおすすめです。ネットで無料ダウンロード出来る図案も多いので、好みの図案を探してみると良いでしょう。基本的な作り方をマスターしたら、薔薇などの花や動物の刺繍に挑戦するのもおすすめです。ハンカチの隅にワンポイントで刺繍を施すと、簡単に自分だけのオリジナルハンカチが完成。フランス刺繍に慣れてきたらブローチや小物入れなど、好みのアクセサリーを作ることもできます。タペストリーなどは、そのまま飾っても良いですが額に入れるなど飾り方を工夫すればより一層作品が際立ちます。図案が大きいほど制作に時間がかかりますが、毎日コツコツ進め、完成した時の達成感を味わうことが出来きます。